佐伯みち古くから存在する広島県南西部の「佐伯」という地名。編入、合併により「佐伯区」を残すのみとなる。古代から続いてきた由緒ある名称の謎を古代史的観点から迫る。

佐伯みち
木本 泉 著
A5判・234頁・仮製本・定価本体1,800+税 円
ISBN978-4-86327-303-0 C0021・2015年10月1日発行



目 次

関連書籍
「厳島神社」(宮島)の歴史的・文化的価値の理解を深める