検索結果一覧

ポストコロニアル台湾の日本語作家 黄霊芝の方法

著者
下岡友加 
シリーズ
 
助成
2018年度学術振興会助成 
判型
A5 
ページ
248 
定価
4600 
発行日
2019年2月20日 
ISBN
ISBN978-4-86327-467-9 
Cコード
C3095 
ジャンル
文学・語学/日本〈文学〉 一般書/小説・童話
 
内容
正岡子規国際俳句賞受賞者であり、台北俳句会を45年牽引してきた日本語作家・俳人の黄霊芝の方法を詳らかにする書。作家との対話三篇も収める。

チラシ(395KB)ダウンロードする

渓水社で購入する

購入冊数

オンライン書店で購入

この本の目次を見る
序 黄霊芝とは誰か?
 一 黄の履歴
  黄霊芝の主な文芸活動表
 二 黄の言語観
  『黄霊芝作品集』内容一覧表

第一部 小説と俳句の諸相

総論 黄霊芝文学におけるブラック・ユーモア
 一 笑いの戦略―奇想天外な発想とどんでん返し―
 二 自嘲のなかの本音―小説「ユートピア」の方法―

第一章 小説「董さん」
 一 不条理の連鎖―二・二八事件と西来庵事件―
 二 民族・国籍・血縁の越境―語りの方法―
   (1)時間構成
   (2)名称、言語
   (3)人物設定、配置

第二章 小説「蟹」
 一 他者を食べる、他者に食べられる―世界の循環―
 二 なぜ蟹か?―新しい蟹物語の創出―
 三 乞食の「おい」に託された役割

第三章 小説「紫陽花」
 一 聴覚(声)を信奉する主人公
 二 おそるべき妄想の力
 三 淋しさの所以

第四章 小説「豚」
一 天邪鬼「私」の挫折
二 喜劇の装置―妻と娘という他者―
三 知識人/芸術家批判

第五章 小説「仙桃の花」
 一 愛の不条理という主題
 二 錯誤の所以
   (1)誘導する語り手と詩―愛はそこにあったのか?―
   (2)反復構造―永遠性と夢の世界の形成―
 三 聖なる人物の愛は実るか?

第六章 俳句「自選百句」
 一 「自選百句」の出自
 二 リズム―破調の所以―
 三 季語―台湾+日本という複眼―
    「自選百句」季語表
 四 音調重視、会話体の活用―自由自在へ―
    「自選百句」初出・既出一覧表

第二部 作家との対話

第一章 二〇一一年八月二八日の記録
 一 台北俳句会のこと
 二 ジャンルと言語の越境について
 三 作品を書く理由

第二章 二〇一二年五月二〇日の記録
 一 小学校時代の記憶
 二 交通事故のこと
 三 戦後の生活
 四 俳句と彫刻の相似

第三章 二〇一二年七月一五日、同年九月一六日の記録
 一 呉濁流の思い出
 二 台北俳句会成立事情
 三 ペンネームについて

結 黄霊芝研究のこれまでと今後
   台湾に於ける主な日本語文芸グループ一覧表

あとがき

初出一覧

付 黄霊芝略年譜
戻る