検索結果一覧

対話的コミュニケーションが生まれる国語 

著者
坂本喜代子 
シリーズ
 
助成
 
判型
A5 
ページ
212 
定価
2500 
発行日
2017年10月27日 
ISBN
ISBN978-4-86327-414-3 
Cコード
C3081 
ジャンル
国語・漢文教育〈実践史・実践研究〉
 
内容
対話的コミュニケーションの特徴を明らかにし、子どもにその力を育てる授業を提案しその効果を検証。TAEの理論を用いて。
渓水社で購入する

購入冊数

オンライン書店で購入

この本の目次を見る
第1章 対話的コミュニケーションの特徴

 第1節 対話的コミュニケーションの定義
  1 対話とは何か
  2 対話的コミュニケーションとは何か
 第2節 能動的聞き手
  1 聞くこと
  2 能動性
 第3節 「聞くこと」の能力
  1 内容を理解する力
  2 反応する力
  3 聞きとり過程を意識する力
  4 聞く態度
 第4節 対話的コミュニケーションの分析方法
  1 ヴィゴツキーの最近接発達領域からみる相互作用
  2 談話分析による相互作用分析
  3 国語科教育における発話機能からの相互作用分析の研究
 第5節 対話的コミュニケーションの特徴分析
  1 特徴分析の目的・方法
  2 分析対象
  3 特徴の分析
  4 考察

第2章 対話的コミュニケーションを育てる授業

 第1節 能動的な聞き手を育てる授業の構想
  1 音声言語教育実践
  2 実践授業の構想
 第2節 実践授業
  1 実践の概要
  2 実践授業の内容と子どもの姿
 第3節 対話的コミュニケーションを育てる実践授業の効果分析
  1 効果分析の目的と方法
  2 実践授業の効果の分析
  3 考察
  4 結論

第3章 対話的コミュニケーションを育む教師の信念

 第1節 教師の信念
  1 対話的コミュニケーションを教師がどう見るか
  2 教師の信念研究
 第2節 TAEの理論と質的研究
  1 TAEの理論
  2 TAE質的研究法
 第3節 対話的コミュニケーションをめざす教師の信念の分析
  1 分析の目的と方法
  2 TAEステップによる分析過程
  3 対話的コミュニケーションから見る教師の信念

第4章 授業に埋め込まれた対話的コミュニケーション

 第1節 教師の信念のTAE分析
  1 研究の目的と方法
  2 TAEステップによる分析
  3 考察
  4 結論
 第2節 教師の信念とその実践における投影の様相
  1 分析の目的と方法
  2 授業実践への投影の様相Ⅰ
  3 授業実践への投影の様相Ⅱ
  4 考察
  5 結論
 第3節 実践に埋め込まれた子どもの対話的コミュニケーション
  1 分析の目的と方法
  2 発話機能の特徴
  3 他者と自己との協働の発話の構築
  4 予測不可能事象への対応
  5 沈黙と認識の深化
  6 考察
  7 結論
 第4節 実践に埋め込まれた教師の対話的コミュニケーション
  1 分析の目的と方法
  2 分析結果
  3 考察
  4 結論

第5章 対話的コミュニケーションが生まれる国語

 第1節 みえているがだれもみていないものをみえるようにする
 第2節 志向性
 第3節 身体性
 第4節 共通了解
 第5節 まとめ
戻る