検索結果一覧

発達モデルに依拠した言語コミュニケーション能力育成のための実践開発と評価 

著者
山元悦子 
シリーズ
 
助成
 
判型
A5 
ページ
458 
定価
本体 4800+税 円 
発行日
2016年2月20日 
ISBN
ISBN978-4-86327-327-6 
Cコード
C3081 
ジャンル
国語・漢文教育〈実践史・実践研究〉
 
内容
言語コミュニケーション能力育成の道筋を幼児・児童の発達の実態調査から実証的に立ち上げ、発達モデルに基づいた実践および評価指標を提案する。
渓水社で購入する

購入冊数

オンライン書店で購入 Amazon.co.jpで買う 紀伊國屋WEB STORE で買う
この本の目次を見る
序 章 研究の意義・目的・方法
 1 言語コミュニケーション研究の動向
 2 研究の意義
 3 研究の目的と方法

第1章 言語コミュニケーション能力の考究
 1 言語コミュニケーション能力の定義
 2 言語コミュニケーション能力の発達

第2章 言語コミュニケーション能力の発達調査
 1 幼稚園年長児(5歳児)を対象とした調査1
     ―絵本『はなのみち』をめぐる発話の調査―
 2 幼稚園年長児(5歳児)を対象とした調査2
     ―絵本『ハリス・バーディックの謎』をめぐる発話の調査―
 3 小学1年生を対象とした調査
    ―絵本『じいじのさくら山』をめぐる5歳児発話との比較調査―
 4 小学2・3・4・5年生を対象とした「課題追究型話し合い」の調査
 5 発達調査の成果

第3章 発達モデルに基づいた言語コミュニケーション能力を育てる実践開発
 1 幼稚園5歳児の保育実践
 2 小学校入門期の実践
 3 小学校低学年の実践―2年生―
 4 小学校中学年の実践―4年生―
 5 小学校高学年の実践―6年生―
 6 中学校の実践―中学3年生―
 7 実践からの知見をふまえた発達モデルの検証および指導の指針
 
第4章 言語コミュニケーション能力の評価
 1 評価に関するアプローチの前提
 2 評価指標の開発
 3 調査結果に基づいた評価指標の有効性の検証
 4 評価指標開発の成果と課題

結 章 言語コミュニケーション能力の育成に関する研究の成果

おわりに

引用・参考文献
索引
初出一覧
戻る