検索結果一覧

原爆を伝える子どもの文学 ―ヒロシマからの発信―

共著
阿部真人・阿部雅子 
シリーズ
 
助成
 
判型
A5 
ページ
560 
定価
4800 
発行日
2011年5月20日 
ISBN
ISBN978-4-86327-142-5 
Cコード
C1095 
ジャンル
一般書/歴史読み物 一般書/文芸評論
 
内容
広島に生まれ、あるいは広島とかかわりをもった7人の作家、大野允子・山口勇子・竹田まゆみ・山下夕美子・吉本直志郎・中澤晶子・那須正幹の、児童文学作品の紹介とその解説。より詳しくご紹介
渓水社で購入する

購入冊数

オンライン書店で購入 Amazon.co.jpで買う 紀伊國屋WEB STORE で買う
この本の目次を見る
まえがき

          第一部 創 作

1 『つるのとぶ日 ヒロシマの童話』(子どもの家・同人)の誕生

 一、成立事情
 二、収録作品の紹介
  1、被爆当日のことを中心とした作品
  「川のほとり」/「夜のくすの木」/「雪のふる日のこと」
  2、後遺症をめぐる作品
  「グリーンの車」/「カッパは死んだ」
  3、原爆被災地に不死鳥のようにたちあがる人々の姿をえがいた作品
  「三郎のきょうのできごと」/「洋子の旗」/「つるのとぶ日」
 三、反響と反省

2 大野允子の世界

 1 『海に立つにじ ある広島の少女の物語』
  一、あらすじ
  二、内容
   1、被爆の悲惨さの描写
   2、「にじ」の象徴しているもの
  三、まとめ
   1、被爆を戦争との関わりの中で
   2、現代の読者と重ね合わせて
   3、これからの道
 2 『ヒロシマの少女』と『見えないトゲ』
  A『ヒロシマの少女』
  一、あらすじ
  二、内容
   1、原爆の悲惨さと生き残った人たち
   2、焼きつくせなかった部落差別
   3、家族への愛
  三、まとめ
  B『見えないトゲ』
  一、あらすじ
  二、内容
   1、フサコを通しての発見
   2、フサコの家族を通しての発見
   3、タモツを通しての発見
  三、まとめ
 3 『夕焼けの記憶』
  一、あらすじ
  二、内容
   1、「ある少女の像」の絵について
   2、夕焼けの記憶とは
  三、まとめ
 4 『げんさん』と『まめたんばあさん』
  一、あらすじ・内容
  二、まとめ
 5 『虹をみた日 ヒロシマ、少女あきの物語』
  一、あらすじ
  二、内容
   1、シマ子さんを通しての発見
   2、道子さんを通しての発見
  三、まとめ

3 山口勇子の世界
 
 1 『スカーフは青だ』
  一、あらすじ
  二、内容
   1、行動する子どもたち
   2、原爆にめざめる子どもたち
  三、まとめ
 2 『かあさんの野菊』『おこりじぞう』
  一、あらすじ・内容
  二、まとめ

4 竹田まゆみの世界

 1 『あしたへげんまん』
  一、あらすじ
  二、内容
   1、「戦争」という名の汽車
   2、汽車はとまった
  三、まとめ
 2 『ガラスびんの夏』
  一、あらすじ
  二、内容
   1、おじいちゃんと原爆
   2、良太とおじいちゃん
   3、おじいちゃん逝く
  三、まとめ
 3 『るいるいと るいるいと~~~1945・8・6 広島の川~~~』
  一、あらすじ・内容
   1、カツトシの名は勝利
   2、みどりが歩いた
   3、つめたい麦茶
   4、こっくりさんは左に
   5、松葉杖とダリヤ
  二、まとめ

5 その他の作品

 1 『二年2組はヒヨコのクラス』山下夕美子
  一、あらすじ・内容
   「だけど数学はきらいだ*山下和雄の話*」
   「ひろしまのオデット*三木久美子の話*」
   「あおい車*福本道子の話*」
  二、まとめ
 2 『青葉学園物語』シリーズ 吉本直志郎
  一、あらすじ・内容
   「すばらしい一日」(『飛ぶんだったら、いま!』より)
   「精霊流し」(『まっちくれ、涙』より)
  二、まとめ
 3 『1983年 熱い秋のノート』中澤晶子
  一、あらすじ
  二、内容
   1、ふたつのなぞ
   2、パパの変革
  三、まとめ

          第二部 ノンフィクション

 1 大野允子の五部作
  一、概観
  二、内容
   1、『ひーちゃんは いった――広島の少女たちの遺書――』
   2、『八月の少女たち――ヒロシマ・1945』
   3、『あなたへ[1945年ヒロシマ・8月6日のない日記]』と『ミナのあした』
   4、『夏服の少女たち――広島・昭和20年8月6日――』
  三、まとめ
 2 『いしぶみ(碑)』広島テレビ放送編
  一、概観
  二、内容
  三、まとめ
 3 『折り鶴の子どもたち 原爆症とたたかった佐々木禎子と級友たち』那須正幹
  一、概観
  二、内容
  三、まとめ
 4 『かあさんと呼べた日』山口勇子
  一、概観
  二、内容
   1、国内精神養子運動の立ちあげ
   2、精神養子運動の展開
   3、「あゆみグループ」の成立
  三、まとめ
   1.11年間の回顧
   2、精神養子たちのその後
   3、「再び原爆孤児をつくるな」の叫び

 作品本文の引用について
 本文の注解説
 考察作品の作者紹介

あとがき
 長かったヒロシマへの道のり【阿部真人】
 芝生の下【阿部雅子】
戻る