検索結果一覧

アテナイの前411年の寡頭派政変と民主政 

著者
堀井健一 
シリーズ
 
助成
 
判型
A5 
ページ
512 
定価
8000 
発行日
2008年3月14日 
ISBN
ISBN978-4-87440-996-1 
Cコード
C3022 
ジャンル
歴史・考古・民族/欧米
 
内容
テラメネスの政治行動に焦点をあて古代民主政期アテナイの前411年の400人の寡頭派政変と5000人政権を事件後約80年を経たアリストテレスの記述から再検討、再解釈を試みる。
渓水社で購入する

購入冊数

オンライン書店で購入

この本の目次を見る
 英文要旨

 序 章 問題の所在

第1部 前411年の寡頭派政変
 第1章 前411年の寡頭派政変の概要
 第2章 前411年の寡頭派政変についての史料の検討~トゥキュディデス『歴史』とアリストテレス『アテナイ人の国制』
  第1節 前411年アテナイのシュングラペイスについて
  第2節 Aristoteles, Ath. 30-31と五千人政権の国制
 第3章 前411年の四百人の寡頭派政変の原因について
  第1節 アテナイ民主政に内在する問題
  第2節 前411年の寡頭派政変の性質

第2部 五千人政権の時代とテラメネス
 第4章 四百人処罰とアテナイ内政動向
  第1節 四百人政権直後の四百人処罰
  第2節 デモパントスの条令以後の四百人処罰
  第3節 四百人処罰とテラメネス
 第5章 五千人政権の国制
  第1節 暫定の国制とテラメネス
  第2節 将来の国制
  第3節 五千人の国制

第3部 いわゆる「パトリオス=ポリテイア」問題とテラメネスの政治思想
 第6章 ニコマコスのいわゆる「法典編纂」作業について
  第1節 ニコマコスの前期の「法典編纂」碑文について
  第2節 ニコマコスの前期の「法典編纂」作業について
  第3節 ニコマコスの後期の「法典編纂」碑文について
  第4節 ニコマコスの後期の「法典編纂」作業について
 第7章 パトリオス=ポリテイアとテラメネス派の政治思想
  第1節 民主政期アテナイにおけるパトリオス=ポリテイア
  第2節 クレイトポン動議とパトリオス=ポリテイア
  第3節 アリストテレス『アテナイ人の国制』におけるテラメネス評価
 第8章 前4世紀のギリシア人ポリスの危機とアテナイ民主政
  第1節 ポリスの危機と反民主制の声
  第2節 前4世紀のアテナイ民主制におけるポリスの危機を回避させた要因

 終 章 結論

 文献目録
 後 書 き
 初出一覧
 索  引
戻る