検索結果一覧

ジョン・ロック『寛容論』の研究 

著者
山田園子 
シリーズ
 
助成
06年度学術振興会助成 
判型
A5 
ページ
254 
定価
6500 
発行日
2006年11月15日 
ISBN
ISBN978-4-87440-947-3/ISBN4-87440-947-4 
Cコード
C3014 
ジャンル
哲学・宗教
 
内容
ロックの出発点として『寛容論』を位置づけその中身をテキストクリティークと歴史的背景の検討をふまえて解明。著者による『寛容論』手稿の日本語版を資料編として付す。
渓水社で購入する

購入冊数

オンライン書店で購入

この本の目次を見る
序 章 本書の課題と構成
第1章 『寛容論』四手稿の特質
  1 本章のねらい
  2 『寛容論』四手稿の特質と執筆経過
  3 ヘンリー・E・ハンティントン図書館所蔵手稿の構造的特質
  4 四手稿から読み取れるロックの寛容論の展開過程
  5 小括
第2章 『寛容論』四手稿の課題と背景
  1 本章のねらい
  2 歴史的背景と問題の所在
  3 『寛容論』執筆に至るまで
  4 『寛容論』の課題
第3章 『寛容論』における非国教徒観
  1 本章のねらい
  2 非国教徒論の視点
  3 非国教徒観の推移
  4 非国教徒の処遇
  5 小括
第4章 『寛容論』の包容・寛容策
  1 本章のねらい
  2 現行国教会護持
  3 包容的国教会
  4 主教制国教会と非国教徒寛容
  5 非国教徒の信仰の自由
  6 包容・寛容策
  7 ロックの包容・寛容策
結 び

補 章 ロックとキリスト教
  1 研究史の整理
  2 展望
資料編 『寛容論』日本語版
  1 日本語版テキストの編集方針
  2 凡例
  3 日本語版テキスト

あとがき
戻る