検索結果一覧

中等国語教育の展開 明治期・大正期・昭和期

著者
野地潤家 
シリーズ
 
助成
 
判型
A5 
ページ
562 
定価
8000 
発行日
2004年10月15日 
ISBN
ISBN978-4-87440-842-1/ISBN4-87440-842-7 
Cコード
C3081 
ジャンル
国語・漢文教育〈国語教育史〉
 
内容
昭37年11月から昭61年8月までによる24年間の研究・論考の集成。明治・大正・昭和における中等国語教育の研究、中等国語教材史に関する考察、作文教育史研究の計13編。
渓水社で購入する

購入冊数

オンライン書店で購入 紀伊國屋WEB STORE で買う
この本の目次を見る
まえがき

1 明治期における中等国語教育
 1 明治後期の中等国語教育の実情―明治三〇年代から末年まで―
 2 中等国語教材論の一源流―上田万年編「国文学」(巻之一)の場合―
 3 明治期における文学史教育

2 大正期における中等国語教育
 4 広島高師附属中学校の国語教育―大正中期を中心に―
 5 大正後期の中等国語教育―第五回中等教育研究会(広島高師附中)を中心に―
 6 大正後期における「現代文」教授
 7 大正期における近代詩教授

3 昭和期における中等国語教育
 8 広島高師附属中学校の国語教育―昭和初期を中心に―
 9 広島高師附属中学校の国語教育―入学考査問題の検討―
 10 高等女学校国語学習事例の考察―大村はま先生の指導による―

4 中等国語教材史の考察
 11 国語教材史の問題―寺田寅彦の場合―
 12 国語教材史の一考察―「父帰る」(菊池寛作)について―

5 文章教育の史的展開
 (一)明治前期の文章教育(文章学習)
 (二)明治後期の文章教育
 (三)大正期の文章教育
 (四)昭和前期の文章教育
 (五)昭和後期の文章教育
    おわりに

あとがき
戻る