検索結果一覧

現代日本文学のポエジー 虹の聖母子

著者
横山昭正 
シリーズ
 
助成
 
判型
四六 
ページ
244 
定価
3000 
発行日
2004年3月25日 
ISBN
ISBN978-4-87440-815-5/ISBN4-87440-815-X 
Cコード
C1095 
ジャンル
文学・語学/日本〈文学〉 一般書/文芸評論
 
内容
まどみちお・村野四郎・堀辰雄・志賀直哉の作品における比較文学的アプローチ。1虹の聖母子・2共感覚の詩・3村野四郎の詩法・4『風立ちぬ』小論・5志賀直哉小論。
渓水社で購入する

購入冊数

オンライン書店で購入 紀伊國屋WEB STORE で買う
この本の目次を見る
  まえがき

1 虹の聖母子―まど・みちおの詩のイコノロジー―
    はじめに
 一 「ぞうさん」のこと
 二 「にじ」の解釈1
 三 「にじ」の解釈2
 四 まどと虹
 五 虹とデンデンムシ
 六 虹とテントウムシ―共感覚 synesthesia―
 七 虹とスイミツトウ―カナンの地―
 八 音楽
 九 虹の音楽
 十 聖母子図―授乳の聖母 Maria Lactans―
    おわりに

2 共感覚の詩
    はじめに
 一 ボードレール「照応」Correspondances
 二 響きと花
 三 声と色、香りと色
    おわりに―「精神と感覚との熱狂」―

3 村野四郎の詩法―「鹿」をめぐって―
    はじめに
 一 時間から空間へ
 二 平易な語法
 三 「すんなり立って」
 四 比喩の冒険
 五 ハイデッガー「終末への存在」 Sein zu Ende
 六 「大きい森の夜」
    おわりに

4 『風立ちぬ』小論―「生と死との絨毯」―
    はじめに
 一 幻影
 二 死への接近
 三 演劇性
 四 振り向くオルペウス
 五 リルケ「わたしのいのちはどこへまで届くか」
    おわりに

5 志賀直哉小論―冥界からの帰還―
    はじめに
 一 『城の崎にて』
   1都市から田舎へ/2町から自然、自然から町へ/3幽明境
 二 『暗夜行路』
   1反響と反映―尾道―/2火と水の結婚/3天と地の結婚―大山―
    おわりに―「弧」をめぐって―

  あとがき
戻る