検索結果一覧

国語科教育学への道 

著者
大内善一 
シリーズ
 
助成
 
判型
A5 
ページ
608 
定価
8000 
発行日
2004年3月1日 
ISBN
ISBN978-4-87440-810-0/ISBN4-87440-810-9 
Cコード
C3081 
ジャンル
国語・漢文教育〈総論〉
 
内容
「表現教育史論・表現教育論」「理解教育論―教材論・教材化論・教材分析論」「国語科授業研究論―授業構想論・授業展開論・授業記録論」の3部構成で形式・内容の二元対立を止揚。
渓水社で購入する

購入冊数

オンライン書店で購入 Amazon.co.jpで買う 紀伊國屋WEB STORE で買う
この本の目次を見る
  ま え が き

第1部 表現教育史論・表現教育論
 第一章 昭和戦前期綴り方教育の到達点と課題
    一 本研究の目的
    二 戦後期における国分一太郎の問題提起
    三 国民学校国民科綴り方における「生活」観を巡る問題
    四 戦前期生活主義綴り方教育への反省
    五 戦前期綴り方教育の到達点――平野婦美子著『綴る生活の指導法』の登場――
    六 戦前期綴り方教育から戦後作文教育への橋渡し
    七 生活綴り方教育の復興の中で亡失された戦前綴り方教育の到達点
    八 考察のまとめ
 第二章 田中豊太郎の綴り方教育論における「表現」概念に関する考察
    一 本研究の目的
    二 「表現」概念を巡る問題の所在
    三 「表現」における「観照作用」への着眼と「生活」概念の限定
    四 「生活」と「表現」の一元化への試み
    五 「表現」概念の広がり
    六 考察のまとめ
 第三章 綴り方教育史における文章表現指導論の系譜
         ――菊池知勇の初期綴り方教育論を中心に――
    一 本研究の目的
    二 菊池知勇という人物
    三 菊池知勇の綴り方教育論・綴り方教育運動に関する先行研究
    四 旧修辞学に基づいた作文教授法批判
    五 旧修辞学的作文教授法批判の意義
    六 菊池知勇綴り方教育論の展開と成熟
    七 考察のまとめ
 第四章 秋田の『赤い鳥』綴り方教育
        ――高橋忠一編『落した銭』『夏みかん』の考察を中心に――
    一 本研究の目的
    二 秋田県における『赤い鳥』綴り方教育の概況
    三 『赤い鳥』綴り方教育の前期から後期への発展の位相
    四 高橋忠一の綴り方教育観の一端
    五 『落した銭』『夏みかん』所収の全作品と題材の傾向
    六 表現上の特色に関する考察
    七 高橋忠一の綴り方教育観と三重吉の選評姿勢――考察のまとめに代えて――
 第五章 波多野完治「文章心理学」の研究
        ――作文教育の理論的基礎――
    一 本研究の目的
    二 「文章心理学」の生成
    三 「文章心理学」の展開
    四 「文章心理学」の中核的理論としての「緊張体系」論に関する考察
    五 作文教育の理論的基礎としての「文章心理学」の意義と今後の課題
 第六章 波多野完治の綴り方・作文教育論
    一 本研究の目的
    二 昭和戦前期の展開
    三 昭和戦後期の展開
    四 考察のまとめ
 第七章 時枝誠記の作文教育論
    一 本研究の目的
    二 言語過程説に基づく国語教育観
    三 言語過程説に基づく作文教育論
    四 時枝誠記の作文教育論の意義
 第八章 新しいレトリック理論の作文教育への受容
    一 本研究の目的
    二 構想力の論理としてのレトリック――三木清の場合――
    三 「コミュニケーション」の科学としてのレトリック――波多野完治の場合――
    四 思想創造力に培うレトリック理論――輿水実の場合――
    五 行動精神としてのレトリック理論――山口正の場合――
    六 「説得の論法」論・「構想」論としてのレトリック理論――西郷竹彦の場合――
    七 作文教育への適用に際して
    八 考察のまとめ
 第九章 作文教育における「描写」の問題
    一 本研究の目的
    二 「描写」指導の位置
    三 「描写」表現の機構とその意義
    四 「描写」表現指導の観点
 第十章 作文教育の理論的基礎としての文章論
    一 本研究の目的
    二 「文法論的文章論」の生成
    三 作文指導における「文法論的文章論」の適用
    四 「文法論的文章論」の発展
    五 作文教育の理論的基礎としての意義
 第十一章 文章表現教育の向かう道
    一 文章表現教育の〈目的〉の見直し
    二 文章表現教育の〈目的〉を子どもの側に立って見直す
    三 「教科内容」と「教育内容」との統一止揚
    四 〈想像〉という「教育内容」の再認識
    五 空想・想像的題材の新生面の開拓
 第十二章 「語りことば」論序説
         ――「語りことば」の発見――
    一 本研究の目的
    二 「語り」の語義の淵源
    三 「語り」の機能
    四 「語りことば」の意義と定義
    五 「語りことば」の創造
    六 「語りことば」の機会と場
 第十三章 話し合いの内容・形態と人数との相関に関する一考察
         ――「三人寄れば文殊の知恵」――
    一 本研究の動機と目的
    二 「総合的な学習」を支えている主要な言語活動・技能
    三 「総合的な学習」における〈話し合い〉の実態的考察――〈話し合い〉の内容と人数との関係から――
    四 〈話し合い〉の一般的形態・性格と人数との関係

第2部 理解教育論 ――教材論・教材化論・教材分析論――
 第一章 国語科教育への文体論の受容
        ――国語科教材分析の理論的基礎の構築――
    一 本研究の目的
    二 文体論の立場と方法
    三 心理学的文体論――波多野完治著『文章心理学』を中心に――
    四 美学的文体論――小林英夫著『文体論の建設』を中心に――
    五 語学的文体論――山本忠雄著『文体論』を中心に――
    六 計量的文体論――安本美典・樺島忠夫の文体論を中心に――
    七 文学的文体論――寺田透・江藤淳らの文体論を中心に――
    八 文体論研究の意義と問題点
    九 国語科教育への文体論の受容
    十 考察のまとめ
 第二章 山本周五郎「鼓くらべ」教材化研究
        ――文体論的考察を中心に――
    一 本研究の目的
    二 作品の構造――筋立て、人物像・人物関係の設定――
    三 文体上の特質
    四 学習者の実態と教材価値
    五 考察のまとめ
 第三章 宮澤賢治童話における〈わらい〉の意味
        ――クラムボンはなぜ〈わらった〉のか――
    一 問題の所在
    二 クラムボンの〈わらい〉と〈死〉
    三 クラムボンの〈わらい〉と〈笑い〉
    四 クラムボンの〈わらい〉の意味
 第四章 木下順二民話劇「聴耳頭巾」の表現論的考察
        ――戯曲教材の意義を再認識するために――
    一 木下順二民話劇の生成
    二 戯曲の文章の表現構造
    三 民話劇「聴耳頭巾」の表現構造
 第五章 柳田国男『遠野物語』の表現構造
        ――教材化のための基礎作業――
    一 本研究の動機・目的
    二 『遠野物語』創作の動機――「事実」観を巡って――
    三 発想・着想
    四 構成・配置
    五 表現・修辞
    六 『遠野物語』の表現価値
 第六章 杉みき子作品の表現研究
        ――教材化のための基礎作業――
    一 本研究の動機・目的
    二 発想・着想に関して
    三 杉みき子作品における創作の原点としての発想・着想の源
    四 表現過程おける発想・着想
    五 杉みき子作品の教材価値

第3部 国語科授業研究論 ――授業構想論・授業展開論・授業記録論――
 第一章 読みの指導目標設定の手順・方法に関する一考察
        ――〈教材の核〉の抽出から指導目標へ――
    一 本研究の目的
    二 指導目標設定の手順・方法に関する実態とその考察――教材「やまなし」を事例として――
    三 指導目標設定までの手順と方法(試案)
 第二章 説明的文章教材指導の問題点と授業構想論
        ――「ビーバーの大工事」を実例として――
    一 説明的文章教材指導の問題点に関する考察――「表現」概念と「情報」概念の交通整理を通して――
    二 説明的文章教材の指導において「筆者」を想定する必然性
    三 説明的文章教材において指導すべき教科内容
    四 説明的文章教材から教科内容を取り出す方法――教材「ビーバーの大工事」を用いて――
 第三章 文学的文章教材の教材分析から授業の構想へ
        ――「白いぼうし」(あまんきみこ作)を事例として――
    一 「白いぼうし」の書誌
    二 「白いぼうし」の教材分析
    三 「白いぼうし」の授業の構想
 第四章 読みの教材研究に関する実態的研究
        ――「わらぐつの中の神様」(杉みき子作)の教材研究史研究を通して――
    一 本研究の目的
    二 教材研究史研究の方法
    三 教材「わらぐつの中の神様」の分析に関する考察
    四 分析データの整理――教材構造の把握――
    五 学習者の読みの予想
    六 教材価値(叙述内容価値・叙述形式価値)の抽出
    七 到達点と今後の課題
 第五章 読みの授業の構想及び展開に関する実態的研究
        ――「わらぐつの中の神様」(杉みき子作)の授業実践史研究を通して――
    一 本研究の目的
    二 「わらぐつの中の神様」の授業の構想に関する分析・考察
    三 「わらぐつの中の神様」の授業展開に関する分析・考察
    四 到達点と今後の課題
 第六章 国語科教師の専門的力量の形成に資する授業記録
    一 本研究の目的
    二 「授業記録」とは何か
    三 「授業記録」の記述方法に関する問題
    四 教師の専門的力量形成に資する授業記録を目指して――武田常夫の「授業記録」事例の検討――
    五 〈授業批評〉としての授業記録へ

  あ と が き
  索  引
戻る