検索結果一覧

狐物語2 

訳者
鈴木覺・福本直之・原野昇 
シリーズ
 
助成
 
判型
四六 
ページ
280 
定価
3800 
発行日
2003年12月10日 
ISBN
ISBN978-4-87440-800-1/ISBN4-87440-800-1 
Cコード
C0098 
ジャンル
文学・語学/欧米〈翻訳〉 一般書/小説・童話
 
内容
中世フランスの古典文学『狐物語』のうちから12篇を完全翻訳。主人公・悪狐ルナールの行状、天敵イザングランとの「飽くなき闘いの話」を中心に描く動物叙事詩。
渓水社で購入する
【品切】
この本の目次を見る
第一話 ルナールとプリモーが鷲鳥の若鳥と引き替えに坊さんに僧衣を売った話
第二話 山猫ティベールと二人連れの坊さんの話
第三話 イザングランが二匹の羊に土地を分配した話
第四話 お尻の見せっこをした熊と狼と百姓の話
第五話 マルタン坊主とイザングランの話
第六話 牝馬とイザングランの話
第七話 ルナールがイザングランに殴り倒される夢を見た話
第八話 ルナールが告解聴聞僧を食べたこと
第九話 ルナールがどのようにしてローマへ行ったか、ルナールの巡礼ここに始まる
第十話 ルナールがどのようにしてコンを作り上げたかの枝篇
第十一話 ルナールがいかにして皇帝になったかという枝篇
第十二話 ルナールがライオンのノーブル王に結婚の仲人役を買って出た話

『狐物語2』枝篇対照一覧表
翻訳担当者一覧
全枝篇対照表
あとがき
戻る