検索結果一覧

国際化・情報化社会に対応する国語科教育 論証能力の育成指導を中心として

著者
光野公司郎 
シリーズ
 
助成
 
判型
B6 
ページ
136 
定価
1300 
発行日
2003年9月20日 
ISBN
ISBN978-4-87440-772-1/ISBN4-87440-772-2 
Cコード
C3081 
ジャンル
国語・漢文教育〈実践史・実践研究〉
 
内容
国語科教育における論理的思考力育成のための指導の方向性を、具体的事例をもとに研究した理論と実践を集約。論証能力育成の必要性から実践の指導法までを提示。
渓水社で購入する
【品切】
この本の目次を見る
まえがき

1 国際化・情報化社会に対応する能力
 (1)現代の学校教育における対応策
   1国際化社会と英語教育/2情報化社会とコンピュータ教育
 (2)対応していくために根本となる能力

2 論証能力育成の必要性
 (1)論理的思考力育成の必要性と問題点
 (2)論理的思考力と論証の能力

3 論証能力育成のための指導の方向性
 (1)史的展開と考察
   1学習指導要領に見られる考え方/2研究者による実践
 (2)国語科教育において指導する論証――日常言語レベルの論証――
   1日常言語レベルの論証の特色/2日常言語レベルの論証の構造/3科学や社会の発達から検証する構造
 (3)論証能力育成のための指導の系統性
   1論証することの発達段階/2発達段階に応じた指導の系統性

4 論証能力育成のための指導【1】――複雑な構造の理解のために――
 (1)文(命題)相互の関連レベルの指導――「論証能力育成ドリル」の構想――
 (2)文章レベルの指導――「説明的文章との関連指導」の構想――
   1論証の構造をもとにした新しい説明的文章の文種分け/2具体的な指導の方向性(リライト教材による指導)

5 論証能力育成のための指導【2】――社会の変容に対応していくために――
 (1)情報化社会に対応するための具体的な指導
   1情報化社会と批判的思考力/2発展的な説明的文章との関連指導/3実践と分析(中学校第二学年による実践)
 (2)国際化社会に対応するための具体的な指導
   1国際化社会と論理的・効果的表現力/2発展的な説明的文章との関連指導/3実践と分析(小学校第五学年による実践)

6 まとめと今後の課題

注(引用文献)
あとがき
索引
戻る