検索結果一覧

アメリカ文学と絵画 文学におけるピクトリアリズム

他著
早瀬博範 
シリーズ
 
助成
 
判型
A5 
ページ
244 
定価
本体 5000+税 円 
発行日
2000年2月25日 
ISBN
ISBN978-4-87440-580-2/ISBN4-87440-580-0 
Cコード
C3097 
ジャンル
文学・語学/欧米〈文学〉
 
内容
メルヴィル、ホーソーン、ストレザー、スタイン、カーロス・ウィリアムズ、ヘミングウェイ、フォークナー、ケルアック、ボロックなどにおける文学と絵画の関係。
渓水社で購入する

購入冊数

オンライン書店で購入 Amazon.co.jpで買う 紀伊國屋WEB STORE で買う
この本の目次を見る
序文
第1章 メルヴィルの反アメリカン・ピクチャレスク――「リップ・ヴァン・ウィンクルのライラック」論――(大島 由起子)
第2章 ホーソーンの『大理石の牧神』における二枚の絵画をめぐって(向井 久美子)
第3章 ストレザーの見る絵――『使者たち』におけるジェイムズの絵画的手法――(後川 知美)
第4章 キュービズムとガートルード・スタインの「緑色のゲーム」に見られる視覚と技法の相関関係 デボラ・シュニッツァー(翻訳 早瀬博範)
第5章 カーロス・ウィリアムズにおける絵画的手法(樋渡 真理子)
第6章 ヘミングウェイの散文におけるキュービズム的構造(光富 省吾)
第7章 キュービストとしてのフォークナー(早瀬 博範)
第8章 ジャック・ケルアックとジャクソン・ポロックの即興的手法と作品構造について(光富 省吾)
索引/執筆者一覧
戻る