検索結果一覧

音楽的成長と発達 誕生から6歳まで

訳者
神原雅之・難波正明・里村生英・渡邊 均・吉永早苗[ドロシー・T・マクドナルド&ジェーン・サイモンズ共著] 
シリーズ
 
助成
 
判型
A5 
ページ
256 
定価
2800 
発行日
1999年10月10日 
ISBN
ISBN978-4-87440-574-1/ISBN4-87440-574-6 
Cコード
C3073 
ジャンル
教育〈音楽・美術〉
 
内容
発達・学習理論と乳幼児期の音楽、音楽を教えること、障害のある子どもを音楽的活動に溶け込ませること、幼児のための音楽的アプローチと方法、幼児の音楽教育における評価、ほか。
渓水社で購入する
【品切】
この本の目次を見る

第1章 乳幼児期の音楽:過去と現在
ヨーロッパにおける揺籃期
アメリカにおける揺籃期
20世紀前半
現在
議論のための問題・示唆される活動/文献
第2章 発達・学習理論と乳幼児期の音楽
諸理論へのアプローチ
ピアジェの発達段階
ブルーナーの教授理論
モンテッソーリーの設定環境
目的へのアプローチ
議論のための問題・示唆される活動/文献
第3章 乳幼児期の音楽的発達:基礎的なリサーチ
遺伝と環境
初期の音楽行動
スキルの発達
情緒的発達
創造性
議論のための問題・示唆される活動/文献
第4章 環境の構成
学習環境
物的環境
音楽的設備
社会的環境:教師
議論のための問題・示唆される活動/文献
第5章 音楽を教えること:基礎的なリサーチ
指導へのアプローチ
概念的理解
聴取技能の指導
歌唱技能
リズム運動
楽器を演奏すること
音楽を創ること
要約
議論のための問題・示唆される活動/文献
第6章 障害のある子どもを音楽的活動にとけ込ませること ケイト・ガフェラー
認知の限界
聴取スキルの限界
歌唱の限界
運動機能とリズムの限界
社会性の限界
推薦参考書:音楽教育と特殊学習者/議論のための問題・示唆される活動/文献
第7章 幼児のための音楽的アプローチと方法
モンテッソーリと整えられた環境
ダルクローズ・メソード
オルフ・アプローチ
コダーイ・メソード
マンハッタンビル・ミュージック・カリキュラム・プログラム
鈴木才能教育
結論
議論のための問題・示唆される活動/文献
第8章 幼児の音楽教育における評価
評価の定義
評価方法の計画
子どもの音楽的成長の評価
その他の音楽的評価方法
議論のための問題・示唆される活動/文献
事項索引/人名索引/楽曲索引/訳者あとがき
戻る