検索結果一覧

カント解釈の問題 

著者
黒積俊夫 
シリーズ
 
助成
99年度学術振興会助成 
判型
A5 
ページ
312 
定価
本体 7000+税 円 
発行日
2000年1月28日 
ISBN
ISBN978-4-87440-571-0/ISBN4-87440-571-1 
Cコード
C3014 
ジャンル
哲学・宗教
 
内容
カント哲学の新解釈。理論哲学では経験理論を内在論と、実践哲学に関しては倫理学を実質的価値倫理学と解して、その新解釈の意味、必然性、意義を全11章にわたって説く。
渓水社で購入する

購入冊数

オンライン書店で購入 紀伊國屋WEB STORE で買う
この本の目次を見る
序言
各章の内容概要
凡例
1 解釈の形成
第一章 経験の成立――ロックからカントへ――
第二章 表象としての現象
第三章 カント解釈の問題
第四章 「カント解釈の問題」をめぐって
2 解釈の展開(理論哲学面)
確実性の問題――デカルト―カント―ヴィトゲンシュタイン――
第六章 内在論としてのカント先験哲学
第七章 超越論から内在論へ――真のカント理解のために――
第八章 ヘーゲルの経験理論とその挫折――『意識経験学』から『精神現象学』へ――
3 解釈の展開(実践哲学面)
第九章 「心身問題」をめぐって
第十章 嘘の容認――『嘘』論文の根本問題――
第十一章 カント論理学の成立
あとがき
初出一覧
人名索引
Summary
Contents
戻る