検索結果一覧

移行期のロシア政治 

著者
皆川修吾 
シリーズ
 
助成
 
判型
A5 
ページ
470 
定価
8000 
発行日
1999年2月25日 
ISBN
ISBN978-4-87440-536-9/ISBN4-87440-536-3 
Cコード
C3031 
ジャンル
政治・経済・法律
 
内容
二部立てで、廣岡正久・塩川伸明・袴田茂樹・森下敏男・下斗米伸夫・松里公孝・中村 裕・宇多文雄・上野俊彦・皆川修吾の精鋭10人による共同執筆。
渓水社で購入する

購入冊数

オンライン書店で購入

この本の目次を見る
まえがき
凡例
     第1部 国家指向と政治(法)文化
第1章 現代ロシアと「ユーラシア主義」――ロシアにおける「脱欧入亜」の心理と論理――(廣岡 正久)
第2章 言語と政治――ペレストロイカ期の言語法問題――(塩川 伸明)
第3章 ロシアにおける社会・経済的危機とマックス・ウェーバーの再評価(袴田 茂樹)
第4章 ロシアの法文化(森下 敏男)
     第2部 政治機構の制度化
第5章 ロシア政治の制度化――タタールスタン共和国を例として――(下斗米伸夫)
第6章 The Meso-Elite and Meso-Government in Post Communist Countries――A Comparative Analysis――(脱共産主義諸国における中位エリートと注意政府――比較分析――)(松里 公孝)
第7章 変動期ロシアの政治再編(中村 裕)
第8章 ロシアにおけるマスメディアの機能の変化(宇多 文雄)
第9章 ロシアの選挙民主主義――ペレストロイカ期における競争選挙の導入――(上野 俊彦)
第10章 移行期ロシア議会(皆川 修吾)
あとがき
索引
執筆者一覧
戻る