検索結果一覧

英独比較語学 

著者
古川尚雄 
シリーズ
 
助成
 
判型
A5 
ページ
400 
定価
本体 5000+税 円 
発行日
1982年3月10日 
ISBN
ISBN978-4-87440-008-1/ISBN4-87440-008-6 
Cコード
C3098 
ジャンル
文学・語学/欧米〈語学〉 言語学〈英語・その他〉
 
内容
古ドイツ語・古英語から現代英・独語まで、その語形・語法・発音の変遷と相互の影響関係を比較検討し民族移動の歴史にまで迫る比較言語学・言語民族学。
渓水社で購入する

購入冊数

オンライン書店で購入 Amazon.co.jpで買う
この本の目次を見る
献辞

略語表
序章
第一節 英・独語の関係
第二節 印欧祖語の分化
第三節 西ゲルマン語の分化
第四節 母音の問題
第五節 英・独語成立前史
第六節 英・独語の時代区分とその意義
1. 英語の時代区分とその特徴
2. ドイツ語の時代区分とその特徴
3. 時代区分の歴史的意味の検討
第七節 英・独語の文字,表記法
第一章 古代英語と古代ドイツ語
第一節 古代英語の背景
第二節 古代ドイツ語の背景
第三節 古代英語と古代高地ドイツ語との比較
1. 屈折
2. 古代英語とドイツ語,現代英語
3. 名詞型変化(1)
古代英語と古代高地ドイツ語の名詞変化の比較
1) 強変化/2) 弱変化
4. 名詞型変化(2)
古代英語と古代高地ドイツ語の形容詞変化の比較
5. 名詞型変化(3)
1) 人称代名詞/2) 再帰代名詞/3) 所有代名詞/4) 指示代名詞/5) 関係代名詞/6) 疑問代名詞/7) 不定代名詞
6. 古代英語及び古代高地ドイツ語の同士変化の概括
7. 古代英語の動詞変化の大要
1) 強変化動詞
2) 弱変化動詞
3) 過去現在動詞(強弱変化動詞)
4) 不規則変化動詞
8. 古代高地ドイツ語の動詞変化の大要
1) 強変化動詞
2) 弱変化動詞
3) 過去現在動詞
4) 不規則変化動詞
9. 古代英語と古代高地ドイツ語とにおける副詞,前置詞,接続詞について
1) 副詞
2) 前置詞
3) 接続詞
10. 結語
第二章 中世英・独語
第一節 中世英語の背景
第二節 中世高地ドイツ語の背景
第三節 中世英語と中世高地ドイツ語との比較
1. 中世英語及び中世高地ドイツ語の表記法,発音
2. 中世英語と中世高地ドイツ語の全体的傾向
3. 名詞屈折の変化
4. その他の名詞型変化
1) 形容詞
2) 代名詞
3) 指示代名詞
4) 関係代名詞
5) 疑問代名詞
6) 不定代名詞
5. 中世英語の動詞の変化
1) 強変化動詞
2) 弱変化動詞
3) 過去現在動詞
4) 不規則変化動詞
6. 中世高地ドイツ語の動詞の変化
1) 強変化動詞
2) 弱変化動詞
3) 過去現在動詞
4) 不規則変化動詞
7. 不変化詞の発達
第三章 近,現代英・独語
第一節 近代英語標準語の成立
第二節 現代ドイツ文章語の成立
第三節 現代英語と現代ドイツ語
第四節 英・独語の方言について
第四章 現代英・独語比較文章論
第一節 文章論概要
第二節 造語法について
第三節 語群
1) 前置詞句における前置詞の位置
2) 物主代名詞,または冠詞と名詞
3) 形容詞の位置
4) 副詞または副詞句(状況語)と名詞
5) 名詞または名詞句の形容詞,副詞規定
6) 名詞による名詞の規定
第四節 語順の歴史的展開
1) 配語法固定化一般について
2) 名詞の附加語の位置
3) 動詞の位置
4) 分離現象
5) 前置詞の位置
6) むすび
第五節 現代英・独語の語順
第六節 文の種類
1) 単項分と二項分
2) 単文,重文,複文
3) 発言の動機による分類
4) 肯定文と否定文
第七節 単文
1. 主部の研究
1) 主部の位置
2) 主語のない文
3) 非人称のitとes
4) 論理的主語
5) 名詞,代名詞以外の主語
6) 主格以外の格の主語
2. 述部の研究
1) 述部のない,また不完全な文
2) 述部の構成
第八節 重文(対結文)
1. 完全並列(接合語なき重文)
2. 接合重文
3. 重文の意味関係
1) 並置関係
2) 相反関係
3) 因由的,結果的関係
第九節 複文(附結文)
1. 従文の起源
1) 接合語を有しない従文
2) 主文の文成分から従文の接続詞となったもの(従属接続詞)を持つ複文
3) 関係代名詞や関係福詞によって接続されている複文
4) 疑問詞に導かれる従文を持つ複文
5) 分詞構文について
2. 従文の性格
1) 主語従文(subject clause, Subjektsatz)
2) 客語従文(predicative clause, Pradikatssatz)
3) 補足語(目的語)従文(object clause,Erganzungssatz, Objektsatz)
4) 附加語従文(attributive clause, Attributsatz)
5) 状況語(副詞語)従文(adverbial clause, Asverbialsatz)
あとがき
著者略歴
戻る