検索結果一覧

作文授業づくり・新生面の開拓 多様な作文ジャンルの活用と新題材の開発

著者
大内善一 
シリーズ
 
助成
 
判型
A5 
ページ
256 
定価
2,420円 (本体2,200円 )
発行日
2022年8月31日 
ISBN
ISBN978-4-86327-599-7 
Cコード
C3081 
ジャンル
国語・漢文教育〈作文・表現教育〉
 
内容
渓水社で購入する

購入冊数

オンライン書店で購入

この本の目次を見る
 まえがき

一 「コピー作文」の授業づくり
 1「コピー作文」提唱に至る背景
 2「コピー」は説得的・創造的表現です
 3 広告・宣伝コピー表現の基本原則
 4「コピー作文」に関する先行研究・実践事例
 5 大学での「コピー作文」の授業
 6「コピー作文」の授業づくりの実際
 7「コピー作文」の授業づくりの意義

 ◎ストップモーション方式による授業記録  京野真樹教諭による「コピー作文」の授業
  「竿灯の見どころはココだ! ―竿灯おすすめポイントをコピー作文で―」(小三・国語)

二 「一行詩」アラカルト作文の授業
 1 コピー感覚で「一行詩」作文
 2「ナンセンス一行詩」の実践から
 3「父よ母よ」から「息子よ娘よ」へ
 4 一行詩」アラカルト作文の意義

三 虚構の要素を取り入れた「手紙文」作文
   ―「恋文」は死語ではなかった!―
 1「手紙文」作文の新生面
 2「恋文」は死語ではなかった!
 3「恋文にお断りの返事を」という実践
 4 虚構という要素を取り入れる
 5 虚構の要素を取り入れた手紙文作文の意義

四 「行事作文」の授業づくり
 1 行事作文のメリット・デメリット
 2「物語じたて」の行事作文
 3 俳句・短歌でつづる行事作文
 4「物語じたて」「俳句・短歌でつづる」行事作文の意義

五 俳句から物語を作る作文の授業―「俳句物語」づくり―
 1「子ども俳句」の教材化
 2 単元「俳句の国からの贈りもの」―「天国はもう秋ですかお父さん」―
 3「俳句から物語を作る作文の授業」の意義

 ◎ストップモーション方式による授業記録  大内善一氏による「書き替え作文」の授業
  単元「俳句の国からの贈りもの―天国はもう秋ですかお父さん―」(小5・国語)

六 フィクション俳句づくりの授業
 1 作文ジャンルの変換
 2「物語を読んで俳句を作る」授業 ―「物語俳句」づくり―
 3 「小倉付」の方法で俳句を作る ―「他者のことば」を介入させて―
 4 フィクション俳句づくりの意義

七 「フォト俳句」づくりの授業
 1 写真映像による題材の限定
 2 単元「デジカメフォト映像から俳句を創ろう―『秋風がめくる心の一ページ』―」
 3 「フォト俳句」づくりの授業の意義

八 小学校全学年での短歌づくりの授業 ―「だれにでも易しい」短歌づくりの証明―
 1 小学校全学年で行われた短歌づくりの実践
 2 小学一年生が「ルンルン」と短歌を作った
 3 他者の「伝記的事実」の教材化による題材の掘り起こし ―他者の生活・人生に自分の生活実感や願いを投影させる―
 4 短歌創作学習の参考教材としての「歌集『小さな歌人たち』」
 5 小学校全学年での短歌づくりの授業の意義

九 「パロディ短歌」づくりの授業
 1 「百人一首」からパロディ短歌を作る
 2 「近代短歌」からパロディ短歌を作る
 3 「パロディ短歌」づくりの指導の意義

十 「虚構の詩」づくりの授業
 1 「虚構の詩」づくり
 2 「ウソの中の真実」
 3 「虚構の詩」づくりの授業の実際
 4 「虚構の詩」づくりの授業の意義

十一 「連詩」づくりの授業
 1 「連詩」とは何か
 2 単元「連詩に挑戦」の構想 ―想像の翼を広げて共同で詩を創ろう―
 3 「連詩」づくりの模擬授業の実際
 4 「連詩」づくりの授業の意義

十二 「方言詩」づくりの授業
 1 「表情豊かな方言」で詩を作ろう
 2 「方言詩」づくりの授業
 3 全国の大学の教員に「単元 方言詩を書こう」の実践を依頼する
 4 「方言詩」づくりの授業の意義

十三 「鑑賞文」と「批評文」を書くことの指導にどう対応するか
 1 学習指導要領における「鑑賞」と「批評」という用語の位置づけ
 2 「鑑賞」及び「批評」という用語の概念規定
 3 「鑑賞」活動と「批評」活動との区別
 4 「鑑賞文」指導の先行実践事例
 5 文章ジャンルの変換による「鑑賞文」指導の提案
 6 「批評文」を書くことの指導に関する先行実践事例
 7 情理を尽くして「批評文」を書くことの指導の提案
 8 「鑑賞文」及び「批評文」を書くことの指導の意義

 ◎ストップモーション方式による授業記録  中村麻里那教諭による「批評文を書く」授業
  単元「写真メディアの批評文を書く―写真コンクールの審査員になろう―」(中三)

十四 双方向型作文学習の授業づくり
 1 双方向型作文学習の構想
 2 現在の作文学習指導に見られる〈双方向型〉の指導事例 ―リレー形式で〈お話〉や〈意見文〉を書く学習― 
 3 従来型の作文学習を双方向型に変える ―四コマ漫画をリレー形式で〈お話〉に書き替える―
 4 双方向型作文学習の創造 ―「ラジオドラマのシナリオ」づくりで双方向型作文学習―
 5 双方向型作文学習の意義

あとがき
戻る