検索結果一覧

医療安全のためのゲーミングシミュレーション ―ヒューマンエラーの流れを体感で学ぶ―POD版

本商品はオンライン書店のプリントオンデマンドサービスで購入可能です。 ご注文はネット書店:Amazon、三省堂書店*(楽天市場店・PayPayモール店)、楽天ブックスへ直接お願いいたします。なお、価格は希望小売価格です。販売価格が変動する場合がございます。*要送料・PayPayモール店は製本形態が異なります。

著者
兵藤好美・田中共子 
シリーズ
 
助成
 
判型
A5 
ページ
252 
定価
2,750円 (本体2,500円 )
発行日
2022年3月5日 
ISBN
ISBN978-4-86327-589-8 
Cコード
C2047 
ジャンル
 
内容
医療安全教育に使える「シミュレーションゲーム」を紹介。失敗が許されない医療者も、ゲームならエラーやその防止を繰り返し体験できる。教室で出来る簡単な12章のゲーム手順と学習者の反応を解説する。
オンライン書店で購入する Amazonプリントオンデマンドで買う   三省堂書店オンデマンドPayPayモール店で買う 楽天プリントオンデマンドで買う
渓水社で購入する
【取扱い不可】
この本の目次を見る
はじめに―本書の趣旨、特徴、使い方

第1章 医療安全とゲーミングシミュレーション
 1.医療安全教育へのゲーミングシミュレーションの導入
 2.準拠モデルとしての医療事故生成プロセス防御モデル
 3.ゲーミングシミュレーションによる医療安全教育の特徴
 4.ゲーミングシミュレーションにおける肯定面への注目
 5.ゲームの分類枠組み
 6.本書が提供するもの

第2章 ゲームの反応と教育効果に関する実証研究
 1.伝言ゲーム【特性ゲーム・対人間】
 2.Wチェックゲーム【特性ゲーム・対人間】
 3.借り物ゲーム【特性ゲーム・個人内】
 4.薬剤選択ゲーム【特性ゲーム・個人内】
 5.作業中断ゲーム【状況ゲーム・対人間】
 6.物品選択ゲーム【状況ゲーム・個人内】
 7.対応選択ゲーム【状況ゲーム・集団内】
 8.先輩後輩ゲーム【状況ゲーム・集団内】
 9.薬品指示ゲーム【状況ゲーム・集団内】
 10.サバイバルゲーム【状況ゲーム・集団内】
 11.9種のゲームシリーズ
 12.その他の小型ゲーム

第3章 教育の実践に向けて
 1.準備から総括までの手順
 2.ゲーミングシミュレーションを用いた医療安全教育の可能性

引用文献

謝辞

学会発表

附表

索引
戻る