検索結果一覧

小さな歌人たち 短歌はだれにでも易しい

著者
柳原千明 
シリーズ
 
助成
 
判型
A5 
ページ
336 
定価
2,970円 (本体2,700円 )
発行日
2021年11月15日 
ISBN
ISBN978-4-86327-566-9 
Cコード
C3081 
ジャンル
国語・漢文教育〈実践史・実践研究〉
 
内容
短歌は「易しい」「誰にでも作れる」「教えられる」という師・望月善次氏の理念を具現化した実践記録。石川啄木、宮沢賢治を学んで一年生から六年生まで生き生きと作歌をし、歌会をする姿が描かれる。「歌集 小さな歌人たち」の章に児童作品626首を掲載。
渓水社で購入する

購入冊数

オンライン書店で購入

この本の目次を見る
巻頭短歌
はじめに

1 短歌はだれにでもつくることができる

一 短歌
 1 短歌は黄金詩型
 2 短歌は易しい
  (1)短歌の定義
  (2)五音七音の必然性
  (3)短歌・俳句指導の留意点
 3 短歌は自由自在
 4 短歌はだれにでもつくることができるのか

二 一年生がルンルン短歌をつくる
 1 一年生は並べるのが好き
 2 一年生は、いつ、短歌作品に出会うとよいのか

三 短歌をつくる三つの段階
 1 短歌の下地をつくる段階(音読・暗唱で短歌の韻律(厳密には律)を体感する段階)
  (1)一年生にも合う口承性
  (2)一年生が暗唱した二十首
 2 短歌をつくる段階
   六つの手立て 100分でつくる
 3 短歌を読み味わい、歌会をする段階
  (1)一年生もできる歌会のすばらしさ
  (2)歌会をする場合の留意点
  (3)一年生にもだれにでも易しい五七五七七

四 伝記的事実で短歌をつくる
 1 「宮沢賢治」でつくる
  (1)半未知・半既知情報
  (2)「クイズ」と「本物」で 気づいて 見て つくる
 2 「石川啄木」でつくる
 啄木の伝記を読んでつくる

五 クリヤファイルのやり取りで短歌をつくる―100人の子どもたちと―
 1 ワークシート「五・七・五・七・七で遊ぼう」
 2 題材と創作過程

六 歌集をつくる

七 歌集「小さな歌人たち」の前に

2 歌集「小さな歌人たち」

一 賢治の扉
  扉一
  扉二
  扉三
二 啄木の窓
  窓一
  窓二
三 それぞれの道
  道一
  道二
  道三

3 「小さな歌人たち」と会う

 一 座談会「小さな歌人たち」が話す

 二 「小さな歌人たち」のアンケートから

4 短歌はだれにでもつくることができる 再び

5 今 子どもたちと

おわりに

【解説】画期的短歌指導本の出現
~短歌三原則【「易しい」、「作れる」、「教えられる」】を具体化した待望の書~ 望月善次

参考文献一覧

児童短歌索引

キーワード索引
戻る