検索結果一覧

読むという抗い 小説論の射程

著者
千田洋幸 
シリーズ
 
助成
 
判型
四六 
ページ
304 
定価
2500 
発行日
2020年9月30日 
ISBN
ISBN978-4-86327-533-1 
Cコード
C1095 
ジャンル
 
内容
規範的な意味の要請に「抗う」ことによって、新たな解釈可能性が開かれる。近代小説をクリティカルに読み解く行為を通じて、テクストの強度を浮かびあがらせる試み。
渓水社で購入する

購入冊数

オンライン書店で予約

この本の目次を見る
1〝語り〟への抵抗と異化
読むことの差別──島崎藤村『破戒』──
過去を書き換えるということ──夏目漱石『門』における記憶と他者──
転位する語り──森鷗外『雁』──
自壊する「女語り」──太宰治「千代女」の言説をめぐって──
自己物語の戦略──中島敦「山月記」を読み直す──

2 社会的・文化的文脈のなかで
モデル問題、受難から策略へ──島崎藤村の場合──
告白・教室・権力──『破戒』の構図──
戦争と自己犠牲のディスクール──宮沢賢治「烏の北斗七星」──
哄笑する〝細部〟──島田雅彦『ロココ町』──

3 ジェンダー/セクシュアリティへの視点
「作者の性」という制度──宮本百合子『伸子』とフェミニズム批評への視点──
性/「書く」ことの政治学──島崎藤村『新生』における男性性の戦略──
氾濫―反乱するシニフィアン──有島武郎『或る女』の物語言説をめぐって──
父=作者であることへの欲望──島崎藤村「嵐」の自伝性を読む──

4 テクストを生きる
  ──ロラン・バルトとエクリチュールの理念──

読むことの偶発性・一回性・有限性
  ──ロラン・バルト「作者の死」「作品からテクストへ」についてのノート──
エクリチュールの痕跡
  ──古市憲寿「百の夜は跳ねて」・北条裕子「美しい顔」と現代小説のオリジナリティ──
テクストを歩く──アニメ聖地巡礼と「還元不可能な複数性」をめぐって ──

あとがき
初出一覧
索引
戻る