検索結果一覧

祖谷山舊記・忌部神・予章記考 ― 四国の近世社会からみた中世・古代 ―

著者
丸山幸彦 
シリーズ
 
助成
 
判型
A5 
ページ
384 
定価
7200 
発行日
2020/10/ 
ISBN
ISBN978-4-86327-526-3 
Cコード
C3021 
ジャンル
 
内容
渓水社で購入する

購入冊数

オンライン書店で予約

この本の目次を見る
はじめに

第一編 ソラの世界と『祖谷山舊記』―四国山地における中世惣村の変貌―
序 章  四国山地の中世と近世
第一章 二つの『祖谷山舊記』―延享本と宝暦本―
第二章 由緒書からみた転換期の四国山地―惣村・惣村連合と近世大名―
第三章 祖谷山における二つの検地―天正検地と慶長検地ー
第四章 祖谷山元和一揆と喜多家の権力確立
第五章 近世祖谷山における材木年貢の変遷―桧宍料と「山共に請込」―

第二編 南朝年号文書の世界と条里の世界―在村国学者・儒学者の地域史研究―
序 章 近世阿波国学・儒学の潮流ー榲邨前史ー
第一章 伝承の世界から史実の世界へ―忌部神・阿陽記・南朝文書―
第二章 近世において再編された中世三木家文書―南朝年号文書と御殿人集団―
第三章 吉野川下流域地帯の郡界変遷―条里界線上の郡界移動―
第四章 戦国末期の条里にもとづく郡再編―篠原長房とのかかわりで―
第五章 忌部神社論争と古代麻植郡忌部郷―在村国学者・儒学者らと小杉榲邨―

第三編 近世『予章記』を通してみた伊予の中世
第一章 近世『予章記』の成立とその構造 ―長福寺本を中心に―
第二章 築山本『予章記』の考察―近世『予章記』分析の一環として―

あとがき
索引
戻る