検索結果一覧

メタ認知と読解方略 説明文教材の読解指導を中心として

著者
片岡 実 
シリーズ
 
助成
 
判型
A5 
ページ
112 
定価
1800 
発行日
2020年4月3日 
ISBN
ISBN978-4-86327-514-0 
Cコード
C3081 
ジャンル
国語・漢文教育〈読みの指導〉
 
内容
McNamaraらが作成した読解方略使用モデルとメタ認知活動とを関連付け、読解方略を精緻化するための指導を段階的に行うことで、生徒に表れた読解力の変化を紹介する。
渓水社で購入する

購入冊数

オンライン書店で購入

この本の目次を見る
1.問題の所在と研究の目的
 1.1.問題の所在
  1.1.1.メタ認知の必要性(メタ認知知識,モニタリング,コントロールの関係)
  1.1.2.メタ認知と学習
  1.1.3.読解とメタ認知
  1.1.4.従来の読解におけるメタ認知訓練の研究と問題点
 1.2.研究の目的

2.研究1「モニタリングの段階を視覚化する手法を用いて」
 2.1.目的
 2.2.方法
 2.3.結果
 2.4.考察

3.研究2「メタ認知活動を活性化するための学習段階(言葉に関する知識を活用する・自分の知識を活用する・文の構造を理解することを活用する)を設定して」
 3.1.目的
 3.2.方法
 3.3.結果
  3.3.1.テスト得点の変化
  3.3.2.方略の変化
  3.3.3.考察

4.総合考察「学習の目的を意識しながら学ぶこと」を中心に

おわりに
戻る