検索結果一覧

ヒロシマで考えたこと 

著者
宇野久光 
シリーズ
 
助成
 
判型
四六 
ページ
168 
定価
1800 
発行日
2019年12月2日 
ISBN
ISBN978-4-86327-495-2 
Cコード
C0095 
ジャンル
一般書/随筆
 
内容
ヒトは過去から学び、記録と記憶を未来のために再生する。ヒロシマに住むようになると、ときには平和とか核ということを考える。想いは、広島にゆかりのある先人のことなどにも広がり、さらに、人類の歴史や文化などに自由奔放に広がった。
渓水社で購入する

購入冊数

オンライン書店で購入

この本の目次を見る
1 ヒロシマ

  宇品港からの被爆風景
  ヒロシマの医師たちの記録と記憶
  オバマ大統領の広島演説を読む
  核兵器とノーベル平和賞
  被爆の交響詩『句集広島』の再発行を

2 大震災

  陽はまた昇る――東日本大震災
  東日本大震災から一年半
  東日本大震災から一〇〇〇日――石巻再訪
  広島と福島――フクシマの医師からの手紙(前)
  広島と福島――フクシマの医師からの手紙(後)

3 先人を想う

  広島でのシーボルト
  京の吉益東洞
  長州藩医 青木周弼のこと
  東京メトロ『解体新書』巡礼
  『解体新書』の解剖図を描いた男
  日野原重明先生へのオード
  多賀庵風律のこと

4 日々想念

  日本人の基層としての縄文人
  地球気候変動と生物、そしてヒト
  論文疑惑騒動に想う
  ヒトは歌うサルである
  ヒトの長寿考
  小豆島小文学旅行
  米国内科学会(ACP)のこと

5 青麦の道

  わが医療原風景
  ベトナム人留学生のこと
  「大をさ」の時代
  スライドのこちら側 
 
参考・引用文献
初掲誌一覧     
あとがき
戻る