検索結果一覧

「読み」の交流で育てるコミュニケーション力 「くじらぐも(小1)」から「やまなし(小6)」まで

著者
脇坂幸光 
シリーズ
 
助成
 
判型
A5 
ページ
256 
定価
2500 
発行日
2018年7月25日 
ISBN
ISBN978-4-86327-447-1 
Cコード
C3081 
ジャンル
 
内容
渓水社で購入する

購入冊数

この本の目次を見る
まえがき

はじめに

1 理論編

 一 文学教材を「読む」こととコミュニケーション
  文学教材学習の今日的課題
  今、求められるもの
  気持ちを読める子に
  読むことの「交流」
  「真正のコミュニケーション」を求めて
  「読み」は子どもによって違う
  「読む」ことは、作品や登場人物とのコミュニケーション
  「読み」の交流はコミュニケーションの場
  「読み」の交流というコミュニケーションの意義
  個々が自分の「読み」を持っていることがコミュニケーションを可能にする「読み」の交流を行うための場の設定
  単元を貫く言語活動と「読み」の交流
  文学教材を「読む」ことと学力

 二 「読み」の交流でのコミュニケーションの実際 ― F男の学びから―
  F男のとらえと願い
  F男の学びの実際
  示唆されたこと

 三 個々の「読み」の傾向性をさぐる
  学習者研究の改善
  「読み」の傾向性を予測すること
  「読み」の傾向性をさぐる観点
  「読み」の傾向分析の実際 「ごんぎつね」(小4)

2 実践編

 一 小学校一年生が 友達とともに 文学的文章を楽しく読む学習を目指して
    「くじらぐも」、「ずうっと、ずっと、大すきだよ」(小1)
 二 子どもたちの「不思議」から出発した二者択一の話題を設定して
    「かたつむりくんに手紙をわたしてよかったのかな」「お手紙」(小2)
 三 個々の「読み」を交流するための場面設定のあり方
    「おじいさんが病気になったのは、どうしてだろう」「三年とうげ」(小3)
 四 子どもの学びをとらえて
    「豆太に話をするじさまの気持ちを考えよう」「モチモチの木」(小3)
 五 個の「読み」の傾向を生かした課題学習の実践
    「ゆみ子に対する父親の願い」「一つの花」(小4)
 六 「読み」の交流を通して、自らの「読み」を確かめたり発展させたりすることを目指して
    「このお話の『神様』とは、どういうものなのだろう」「わらぐつの中の神様」(小5)
 七 「読み」の交流を通して、分かる喜びを
    「なぜ『やまなし』という題名なのだろう」「やまなし」(小6)

 あとがき
戻る