検索結果一覧

境目・広島県の古墳文化 前方後円墳が語る地域史

著者
脇坂光彦 
シリーズ
 
助成
 
判型
A5 
ページ
144 
定価
1350 
発行日
2018年1月22日 
ISBN
ISBN978-4-86327-422-8 
Cコード
C0020 
ジャンル
 
内容
広島県の古墳文化が、"交通・交流の境目"という基軸によってどのように形成されていったのか、古墳の実態や地域色から考察、探究する。
渓水社で購入する

購入冊数

この本の目次を見る
はじめに

巻頭図版
 三ッ城古墳 墳丘の全景

第1章 広島県の地理・歴史的環境
  1 境目の広島県
  2 古墳時代以前の地域文化
    (1)県南部の動向
    (2)県北部(江の川支流域)の動向
    (3)弥生時代の三地域文化

第2章 前方後円墳の時代
  1 前方後円墳の分布と地域性
    (1)分布域の傾向
    (2)築造時期の傾向
  2 広島県の三大前方後円墳

第3章 甲立古墳の造営
  1 古墳の位置と環境
  2 発掘調査の成果
    (1)墳丘の特色
    (2)後円部墳頂(頂部平坦面)の発掘
  3 発掘調査内容の評価
  4 4世紀後半の各地域の主な前方後円墳
  5 甲立古墳の地理的環境
  6 石見地域西部の古墳と特徴
  7 甲立古墳造営の背景・被葬者像
  8 甲立古墳の整備・活用

第4章 三ッ城古墳の造営
  1 三ッ城公園として復元・整備
  2 発掘調査によって確認された内容
  3 三ッ城古墳造営の前段階
    (1)西条盆地東部の前期古墳
    (2)丸山神社1号古墳の実態と築造意義
    (3)西条盆地の中期古墳
  4 造営の歴史的背景と被葬者像
    (1)被葬者像を探る要点
    (2)墳丘の形態が示す意味
    (3)歴史的背景を探る地域の動向

第5章 いわゆる帆立貝形古墳の造営
  1 帆立貝形古墳の墳形と呼称
  2 広島県のいわゆる帆立貝形古墳
    (1)造出し付円墳の実態
    (2)造出し付円墳と大型円墳との関係
  3 三次地域の前方後円墳の動向
  4 馬洗川中・下流域における前・中期古墳の動向
    (1)首長墓の形態
    (2)「中期群集墳」の様相と造営の背景
    (3)中期の地域の動向

第6章 二子塚古墳の造営
  1 発掘調査による新事実の確認
  2 特記事項の整理
  3 横穴式石室の評価
  4 運ばれてきた竜山石製石棺
  5 双龍環頭柄頭大刀の副葬
  6 吉備品治国の王(国造)墓
  7 二子塚古墳造営の契機
    (1)山の神古墳の特徴
    (2)服部川流域と屯倉

第7章 終末期古墳の造営
  1 終末期古墳とは
  2 いわゆる畿内の様相
  3 山陽道を中心とした終末期古墳
  4 広島県の終末期古墳
    (1)発掘調査・測量報告小史
    (2)県内全体の分布状況
    (3)芦田川下流域の主体部の形態・特色
    (4)芦田川下流域に集中する横口式石槨墳
    (5)沼田川下流域の終末期古墳

あとがき
戻る