検索結果一覧

しんじゅがい・続編 

著者
藤原凡人 
シリーズ
 
助成
 
判型
A5 
ページ
226 
定価
1500 
発行日
2017年2月27日 
ISBN
ISBN978-4-86327-381-8 
Cコード
C0095 
ジャンル
教育〈教育エッセイ・記録〉 一般書/紀行・歴史読み物
 
内容
前著『しんじゅがい』完成間近で他界した著者の自身で綴った入院記録と家族、知人へのメッセージ。講演・講師記録、故人を偲んだ寄稿文も掲載。

チラシ(1.53MB)ダウンロードする

渓水社で購入する

購入冊数

オンライン書店で購入   Amazon.co.jpで買う 紀伊國屋WEB STORE で買う
この本の目次を見る
 はじめに

一、入院記録

二、家族への遺言
 息子への手紙
 家族への遺言1
 家族への遺言2
 妻、秀子さんへ
 わが妻、秀子へ 
 「人生観について」病床で語る
 入院中に書いた恩師への手紙
 孫への年賀状

三、藤原凡人「人生訓」――「書」を通して――

四、講演・研修講師の記録

五、故人を偲んで――『しんじゅがい』を読んで
 「しんじゅがい」を読んで……村上昭造
 教育に一生を傾けた藤原先生へ……松田岑夫
 中学生時代の思い出……住山恭子
 藤原凡人君との想い出……溝田武人
 「真の珠」を宿した人……丸子英明
 「自分を育てる」……平田はつみ
 藤原凡人先生、安らかに……後藤ひとみ
 藤原先生 ありがとうございました……橋本義政
 義父の思い出……藤原亜紀子
 大好きなじいじへ……竹田小雪
 寄稿者の紹介

六、個人の年譜

 あとがき
戻る