検索結果一覧

中学校・高等学校 漢文の学習指導 実践史をふまえて

編者
冨安慎吾[浜本純逸監修] 
シリーズ
ことばの授業づくりハンドブック 
助成
 
判型
A5 
ページ
256 
定価
2500 
発行日
2016年12月31日 
ISBN
ISBN978-4-86327-368-9 
Cコード
C3081 
ジャンル
国語・漢文教育〈漢文教育〉
 
内容
戦後のわが国での漢文教材史を概観したうえで、先進的な実践について、その目的・内容(教材)・方法・評価法を要約・解説。生徒の自発的な学習を促す漢文授業づくりのヒントを提供する。より詳しくご紹介
渓水社で購入する

購入冊数

オンライン書店で購入 Amazon.co.jpで買う 紀伊國屋WEB STORE で買う
この本の目次を見る
 序 ―漢文教育の授業デザインのために―……浜本純逸

1 国語科教育における漢文教育の意義……冨安慎吾

2 漢文教育の歴史……冨安慎吾

3 国語科教育としての漢文教育実践

 第一章 思想教材を用いた実践……植田 隆
 第二章 史伝教材を用いた実践……菊地隆雄
 第三章 漢詩教材を用いた実践……阿部正和
 第四章 日本漢文教材を用いた実践……冨安慎吾
 第五章 漢文と古文・現代文の総合化を図った指導……世羅博昭
 第六章 漢文教育における言語活動……大村勅夫
 第七章 漢文を中心とした創作活動……岡本利昭
 第八章 中学校・高等学校における漢字・語彙指導の工夫
     ―未来に生きる授業のデザイン―……李  軍

4 展望――これからの漢文教育の授業づくり……安居總子

 おわりに
 索引


執筆者一覧(執筆順)

浜本 純逸(はまもと じゅんいつ) 神戸大学名誉教授・元早稲田大学特任教授
冨安 慎吾(ともやす しんご)   島根大学准教授
植田 隆 (うえだ たかし)    海星中学高等学校教諭
菊地 隆雄(きくち たかお)    元鶴見大学客員教授
阿部 正和(あべ まさかず)    福岡県立鞍手竜徳高等学校教諭
世羅 博昭(せら ひろあき)    鳴門教育大学・四国大学名誉教授
大村 勅夫(おおむら ときお)   北海道旭川東高等学校教諭
岡本 利昭(おかもと としあき)  神戸大学附属中等教育学校教諭
李 軍  (り じゅん)      早稲田大学非常勤講師
安居 總子(やすい ふさこ)    元岐阜大学・元大正大学教授
戻る