検索結果一覧

インド鍵盤楽器考 ハルモニウムと電子キーボードの普及にみる楽器のグローカル化とローカル文化の再編

著者
岡田恵美 
シリーズ
 
助成
2015年度学術振興会助成 
判型
A5 
ページ
270 
定価
本体 5600+税 円 
発行日
2016年2月28日 
ISBN
ISBN978-4-86327-317-7 
Cコード
C3073 
ジャンル
歴史・考古・民族/アジア
 
内容
インド古典音楽文化における西洋楽器や電子楽器への許容範囲の広さに着目し、特にハルモニウムと電子キーボードの浸透の過程を辿ることによりインドにおける異文化適応の特質や音楽観を探る。

チラシ(480KB)ダウンロードする

渓水社で購入する

購入冊数

オンライン書店で購入 Amazon.co.jpで買う 紀伊國屋WEB STORE で買う
この本の目次を見る
はじめに

序 論
 1.なぜインドの鍵盤楽器に注目するのか?
 2.外来楽器の受容研究:論点と研究アプローチ
 3.本書の構成と調査概要

   第1部 北インドにおけるハルモニウムのローカル化
第1章 ハルモニウムの受容と変遷
 1.フランスから波及したハルモニウム・リードオルガン産業
 2.インドへのハルモニウムの伝播
 3.インド国産ハルモニウム誕生
 4.ハルモニウムの浸透と禁止論争
 5.演奏家による貢献と新たな改良楽器の登場

第2章 国産ハルモニウム製作にみる都市単位でのローカル化
 1.国産ハルモニウム製作の転換期
 2.各都市のハルモニウム産業の特徴
 3.事例:インド東部コルカタのドゥワルキン工房
 4.事例:インド西部ムンバイのハリバウー工房
 5.事例:インド北部デリーのビーナー工房

 第1部 小結


   第2部 電子キーボードの普及にみるグローカル化の諸相
第3章 インド国内における電子キーボードの需要拡大
 1.電子キーボードが普及した社会・文化的背景
 2.電子キーボードの需要拡大によるローカル文化の変容

第4章 インド市場における電子キーボードのグローカル化のプロセス
 1.日系楽器メーカーによる本格的なインド市場参入
 2.インド市場向け電子キーボードの登場

 第2部 小結


   第3部 インド鍵盤楽器考
第5章 ハルモニウムと電子キーボードの受容に関する比較考察
 1.楽器のグローカル化と文化の再編についての考察
 2.インド音楽文化がもつ楽器に対する寛容性

おわりに
参考文献
索  引
戻る