検索結果一覧

異文化コミュニケーション教育 ―他者とのコミュニケーションを考える教育―POD版

本商品はオンライン書店のプリントオンデマンドサービスで購入可能です。弊社へ直接ご注文いただいても対応できませんのでご了承ください。

著者
青木順子 
シリーズ
 
助成
 
判型
A5 
ページ
380 
定価
2900 
発行日
2015年11月30日 
ISBN
ISBN978-4-86327-316-0 
Cコード
C1037 
ジャンル
教育〈教育学〉
 
内容
個々人が文化の限界を超えてコミュニケーションを深めるための教育カリキュラム研究。文化、知覚、自己概念、言語、非言語コミュニケーション、価値観、異文化教育、ほか。
オンライン書店で購入する Amazonプリントオンデマンドで買う  三省堂書店オンデマンドで買う  万能書店で買う
渓水社で購入する
【取扱い不可】
この本の目次を見る
はじめに
第1章 文 化
 文化とは何か/自文化と異文化の比較/視点の変換/文化の重層性/ほか
第2章 コミュニケーション
 ―とは何か/―の分析/―の理由・諸相/―の問題/―と異文化コミュニケーション
第3章 知 覚
 ―とは何か/自己と知覚/異文化コミュニケーションと知覚
第4章 自己概念
 ―とは何か/自己実現/ジョハリの窓/アイデンティティ/異文化コミュニケーションと自己
第5章 言 語
 ―とは何か/―の問題/異文化コミュニケオションと言語/―と文化/翻訳/ほか
第6章 非言語コミュニケーション
 非言語コミュニケーション/言語コミュニケーションと非言語コミュニケーション/異文化と非言語コミュニケーション
第7章 価値観
 ―とは何か/異文化コミュニケーションと価値観/価値分類システム/価値志向/ほか
第8章 ステレオタイプ
 ―とは何か/―の小話/―の調査/日本人・アラブ人・黒人・女性のステレオタイプ/―と科学調査/ほか
第9章 偏 見
 ―とは何か/―の理由/―の表出/ステレオタイプ・偏見・戦争・敵のイメージ・教育
第10章 異文化トレーニング
 ―とは何か/ロールプレイ・シミュレーション・ゲーム/異文化能力
第11章 異文化教育
 ―とは何か/―の目標/―における発達モデル/―のリスク/未来志向の教育/大学生の異文化教育の問題点/最終目標としての人間像
第12章 大学生の異文化教育カリキュラム――実践・評価・課題
  あとがき/参考文献
戻る