検索結果一覧

子どもが問題をつくり合い答え合う授業 ―理科における作問指導を通した思考力育成と評価に関する実践的研究―

著者
平田豊誠 
シリーズ
 
助成
 
判型
A5 
ページ
120 
定価
本体 2600+税 円 
発行日
2015年4月30日 
ISBN
ISBN978-4-86327-292-7 
Cコード
C3037 
ジャンル
教育〈理科 算数・数学〉
 
内容
学習した知識を活用して学習者自身が問題をつくり合い、相互に答え合い、採点まで行うという授業展開の学習効果とその評価方法について論じる。
渓水社で購入する

購入冊数

オンライン書店で購入 Amazon.co.jpで買う 紀伊國屋WEB STORE で買う
この本の目次を見る
はじめに
 引用文献

第1章 問題の所在と研究目的
 第1節 問題の所在
 第2節 現行学習指導要領との関連
 第3節 学習指導における評価との関連
 第4節 学習者が問題を作成するという授業
 第5節 本研究の目的
 引用文献

第2章 場面解決型問題
 第1節 場面解決型問題の特徴
 第2節 授業実践の目的
 第3節 授業の構成
 第4節 授業の指導過程
 第5節 場面解決型問題の授業の推敲時において想定される思考
 引用文献

第3章 作問指導の学習効果
 第1節 本実践の目的
 第2節 調査方法および結果
 第3節 学習効果の検討
 第4節 作問指導の学習効果
 引用文献

第4章 作問における思考過程(1分野における例)
 第1節 本章実践研究の目的
 第2節 場面解決型問題の作問指導
 第3節 実践の手順
 第4節 思考過程の検証
 第5節 学習者の思考力・判断力・表現力を育成することについての検討
     および評価対象としての可能性
 第6節 本実践研究のまとめ
 -注-
 引用文献

第5章 作問における思考過程(2分野における例)
 第1節 本実践の目的
 第2節 授業実践
 第3節 思考過程の検証
 第4節 学習者の思考力・判断力・表現力を育成することについての検討
     および評価対象としての可能性
 第5節 本実践研究のまとめ
 引用文献

第6章 本研究の結論および今後の展望
 第1節 本研究における結論
 第2節 今後の課題

附録章 場面解決問題データベース-中学校力学分野-
 第1節 データベース作成のねらい
 第2節 作成された場面解決問題のデータベース
 第3節 まとめと今後の課題

附記
あとがき
資料
戻る