検索結果一覧

国語教師・青木幹勇の形成過程 

著者
大内善一 
シリーズ
 
助成
 
判型
A5 
ページ
402 
定価
本体 6000+税 円 
発行日
2015年5月1日 
ISBN
ISBN978-4-86327-291-0 
Cコード
C3081 
ジャンル
国語・漢文教育〈実践史・実践研究〉
 
内容
昭和期から平成期に及ぶ30年の歳月を費やして持続的・継続的に続けられてきた青木幹勇の実践研究の構築を明らかに。

正誤表(60KB)ダウンロードする

渓水社で購入する

購入冊数

オンライン書店で購入 Amazon.co.jpで買う 紀伊國屋WEB STORE で買う
この本の目次を見る
 まえがき

  第1部 国語教師・青木幹勇の形成過程

第1章 生活綴り方教師・木村寿との関わり
 一 青木幹勇と生活綴り方教師・木村寿との出会い―先輩・同僚との出会い―
 二 木村寿の綴り方教育実践及び綴り方教育観
 三 青木幹勇による木村寿の受容と超克

第2章 国語教育の先達・芦田恵之助との関わり
 一 青木幹勇と芦田恵之助との出会い―国語教育の先達との出会い―
 二 「芦田教式」への傾倒と「芦田一辺倒の授業」からの脱却
 三 青木幹勇が芦田恵之助から受容したもの
 四 芦田恵之助への批判的視点とその実践的超克
 五 芦田恵之助に対する実践的超克の成果―「第三の書く」の理論的・実践的展開として―

第3章 国語教育の先達・古田拡との関わり
 一 青木幹勇と古田拡との出会い
 二 古田拡の「国語科授業創造への心がけ」「国語科授業創造へのくふう」との関わり
 三 青木幹勇による古田拡からの受容―「授業好き」「授業に憑かれた」人への共感―

第4章 NHK「ラジオ国語教室」との関わり
 一 NHK「ラジオ国語教室」への出演・指導担当
 二 「ラジオ国語教室」研修会を通して
 三 放送台本(=教材)の自主制作を通して
 四 「ラジオ国語教室」の反省を通して

第5章 昭和戦前期における授業研究
 一 「授業ひとすじ」に生きた国語教師
 二 教員かけだしの頃の授業との出会い
 三 宮崎県師範学校附属小学校での授業研究
 四 東京高等師範学校附属国民小学校での授業研究

第6章 昭和戦後期における授業研究
 一 長編童話「五十一番目のザボン」の読書指導
 二 学校外の研究会における出張授業
 三 東京教育大附属小学校内での授業研究
 四 全国国語教育研究協議会での「実験授業」

第7章 退職後の飛び入り研究授業
 一 研究授業論
 二 実践的授業記録論
 三 国語授業の基本的な在り方の提案

第8章 詩「花いろいろ」の公開授業
 一 教材の開発
 二 授業の構想
 三 授業の展開
 四 授業後の反省

第9章 詩を書く「風をつかまえて」の公開授業
 一 公開授業に向けた心構え
 二 授業の構想
 三 授業の展開
 四 授業後の反省

第10章 俳句の鑑賞・創作指導に関する発想の転換
 一 俳句授業観の転換
 二 子どもの俳句を読む授業
 三 物語を読んで俳句を作る指導
 四 青木幹勇における俳句授業観の転換の意義

第11章 国語科教材開発への志向とその実際
 一 青木幹勇の教材開発への志向とその実際に関する先行研究
 二 教材開発への志向
 三 教材開発の実際

第12章 俳句の創作活動と国語教師の専門的力量の形成
 一 創作活動と教師としての成長
 二 青木幹勇と俳句との出会い
 三 青木の昭和戦中期の俳句指導と作句活動の始まり
 四 昭和戦後期における俳句の指導
 五 青木の俳句創作活動
 六 国語教師としての青木の俳句創作体験による桎梏と効用

第13章 研究サークル「青玄会」の主宰活動―同人誌『国語教室』誌の発刊・編集―
 一 「青玄会」創設と同人誌『国語教室』発刊の動機・意図
 二 「青玄会」の主な活動
 三 『国語教室』誌の誌面構成
 四 「授業本然のすがた」を求めて

第14章 「青玄会」の主宰活動における国語教育研究者・実践家との交わり
 一 『国語教室』誌の誌面構成
 二 『国語教室』執筆陣の主な顔ぶれと執筆内容の分類
 三 青木幹勇の志を支えた国語教育研究者
 四 国語教育研究者から学んだこと
 五 国語教育実践家から学んだこと
 六 俳句研究者、詩人との交流

  第2部 青木幹勇国語教育論

第1章 青木幹勇国語教室における「第三の書く」提唱までの展開
 一 考察への視点
 二 読解学習に「書くこと」の活動を導入した動機・意図
 三 「書きながら読むこと」の指導の実際
 四 「読み広げるための作文」指導の実際
 五 「読み深めるための作文」指導の実際
 六 「書きながら読む学習」の副次的効果

第2章 青木幹勇国語教室における「第三の書く」の提唱
 一 「第三の書く」提唱の背景
 二 「第三の書く」のネーミングとその概念化・体系化
 三 「第三の書く」の基礎過程としての「視写」
 四 「読み手」から「書き手」への転回としての「書替え」
 五 「書くこと」の活動を導入した国語科学習指導の意義

第3章 「フィクション作文」の魅力を探る
 一 「フィクション作文」の発想の原点
 二 「フィクション作文」の展開
 三  フィクション俳句としての「物語俳句」
 四 教師と子どものための俳句創作入門の授業
 五 「想像―変身のシチュエーション」に立たせる「虚構の詩」の授業
 六 「ウソの中の真実」をのびやかに表現させる
 七 「読み広げる」ための「書き足し作文」
 八 「読み深める」ための「書き足し作文」
 九 ジャンルの変換という〈ひねり〉を加えた「書き替え作文」
 十 表現機能の変換による思考の屈折・思考の集中

第4章 青木幹勇の文章表現指導観の変遷―「生活綴り方」から「フィクション作文」への転回過程―
 一 青木幹勇の国語教育実践研究史研究から見えてきた事実
 二 青木幹勇と戦前「生活綴り方教育」との出会い
 三 昭和二十年代―子どもの生活体験を重視する指導観
 四 昭和三十年代―読むことと書くことの連合による〈思考力〉の陶冶
 五 昭和四十年代―題材観及び子どもの生活実態の捉え方の転換
 六 昭和五十年代~六十年代
 七 「書くこと(作文)」指導実践研究への今後の展望

 あとがき
戻る