検索結果一覧

幕末・明治期の日仏交流 ――中国地方・四国地方篇(二)山口・広島・愛媛――

著者
田中隆二 
シリーズ
 
助成
 
判型
A5 
ページ
272 
定価
5000 
発行日
2014年5月25日 
ISBN
ISBN978-4-86327-262-0 
Cコード
C3085 
ジャンル
歴史・考古・民族/日本 文学・語学/欧米〈語学〉
 
内容
文献からみる幕末、明治期に渡仏した3県出身者の概略と解説。関係する訪仏者の業績、ほか。

正誤表(354KB)ダウンロードする

渓水社で購入する

購入冊数

オンライン書店で購入 Amazon.co.jpで買う 紀伊國屋WEB STORE で買う
この本の目次を見る
はしがき[田中隆二]

第一章 山口県
 一、山口県出身・渡仏(含渡欧)者の概略
 二、山口県出身の渡仏(含渡欧)者のプロフィル
 三、伝記資料等により滞仏時の記録が見出される山口県出身の訪仏者
 四、特集「小国磐――事績と資料――」
 五、お雇いフランス人教師・コロゼ

第二章 広島県
 一、広島県出身・渡仏(含渡欧)者の概略
 二、広島県出身の渡仏(含渡欧)者のプロフィル
 三、「漫遊日誌」等資料により滞仏時の記録が見出される訪仏者
 四、特集「渡正元――事績と資料――」
 五-一、広島とフランス人
 五-二、比治山・陸軍墓地に眠るフランス軍人


第二章 愛媛県
 一、愛媛県出身・渡仏(含渡欧)者の概略
 二、愛媛県出身の渡仏(含渡欧)者のプロフィル
 三、伝記等史料により滞仏時の記録が見出される愛媛県出身の訪仏者
 四、特集「加藤恒忠(拓川)――事績と資料――」
 五、住友・別子銅山・お雇い鉱山技師・ラロック

刊行にそえて[田中律子]
人名索引
戻る