検索結果一覧

教師の学習を見据えた国語科授業実践知研究 ――経験に学ぶ国語科教師たちの実践事例からのアプローチ――

著者
丸山範高 
シリーズ
 
助成
 
判型
A5 
ページ
230 
定価
本体 3900+税 円 
発行日
2014年3月25日 
ISBN
ISBN978-4-86327-261-3 
Cコード
C3081 
ジャンル
国語・漢文教育〈総論〉
 
内容
国語科の「読むこと」の授業に関わる、教育実習生を含む初任教師から熟練教師に至るまでの多様な国語科教師の実践事例を集積・分析。授業実践知とその構築過程の諸相を解明する。
渓水社で購入する

購入冊数

オンライン書店で購入 Amazon.co.jpで買う 紀伊國屋WEB STORE で買う
この本の目次を見る
まえがき

第1章 問題の所在と理論的背景
 1.1 国語科教師研究の現状と本書の目的
 1.2 研究対象としての国語科教師の授業実践知
 1.3 研究方法としてのナラティヴ・アプローチ
 1.4 研究の手続きと本書の構成

第2章 初任教師から熟練教師に至る国語科授業実践知の諸相
 2.1 熟練教師と初任教師の国語科授業実践知の対照性
 2.2 教育実習生が授業観察で機能させる国語科授業実践知の課題
 2.3 教育実習生が授業研究で機能させる国語科授業実践知の課題

第3章 研究授業経験を通じて構築される国語科授業実践知の諸相
 3.1 指導過程に関わる授業実践知の構築
 3.2 授業展開技術に関わる授業実践知の構築
 3.3 学習目標と発問構成との関連に関わる授業実践知の構築
 3.4 教科内容観に関わる授業実践知の構築
 3.5 授業スタイルに関わる授業実践知の構築

第4章 実践でのつまずきを解消することによって構築される国語科授業実践知の諸相
 4.1 発問技術を支える授業実践知
 4.2 学習者の世界観の深化・拡充を図る授業実践知
 4.3 主体的に教材文へ向き合う学習者を育てる授業実践知

第5章 国語科授業実践知研究によって開かれる教師の学習のあり方
 5.1 初任教師から熟練教師までの多様な事例についての記述スタイル
 5.2 事例の意義としての省察のためのてがかり
 5.3 国語科教師研究としての本書の意義
 5.4 各章の概要

あとがき
索  引
戻る