検索結果一覧

ひろしま弁「論語」 

著者
下見隆雄 
シリーズ
 
助成
 
判型
A5 
ページ
311 
定価
2200 
発行日
2013年12月20日 
ISBN
ISBN978-4-86327-244-6 
Cコード
C0012 
ジャンル
一般書/紀行・歴史読み物
 
内容
「論語」の口語訳をひろしま弁でつづる。先生がいいんさった、「他人が、わしの(思いの、いよいよの、ほんまのところん)ことぅ認めてくれんのんを、わしゃぁ、情け無ぁじゃの思やぁせん。(そぅじゃぁのぅて、)わしが、他人の(真情や品格や実力やら)を見落としとったり、評価できる力が無かっつりゃぁ、(そん時ゃぁ、)わしゃぁ、この己ちゅうもんが(恥ずかしぅて)情け無ぁでえ。」
渓水社で購入する

購入冊数

オンライン書店で購入 Amazon.co.jpで買う 紀伊國屋WEB STORE で買う
この本の目次を見る
はじめに

学而篇  第一
為政篇  第二
八(にんべんに八と月)イツ篇  第三
里仁篇  第四
公冶長篇 第五
雍也篇  第六
述而篇  第七
泰伯篇  第八
子罕篇  第九
郷党篇  第一〇
先進篇  第一一
顔淵篇  第一二
子路篇  第一三
憲問篇  第一四
衛霊公篇 第一五
季氏篇  第一六
陽貨篇  第一七
微子篇  第一八
子張篇  第一九
尭曰篇  第二〇

各章の表題
戻る