検索結果一覧

近代移行期の日朝関係 ――国交刷新をめぐる日朝双方の論理――

著者
石田 徹 
シリーズ
 
助成
2013年度学術振興会助成 
判型
A5 
ページ
324 
定価
4500 
発行日
2013年12月15日 
ISBN
ISBN978-4-86327-234-7 
Cコード
C3031 
ジャンル
政治・経済・法律 歴史・考古・民族/アジア
 
内容
1860年代後半~1870年代前半までの、日本と朝鮮の外交秩序と、西欧起源の外交秩序との衝突を両国がどのように捉え、それが両国関係などにどのような影響を与えたのかを明確にし、日本の朝鮮政策に内在していた問題点を考察する。

チラシ(406KB)ダウンロードする

渓水社で購入する

購入冊数

オンライン書店で購入 Amazon.co.jpで買う 紀伊國屋WEB STORE で買う
この本の目次を見る
凡 例

序 論
  一 問題状況
  二 先行研究の整理と問題意識
  三 課題設定
  四 本書の構成

第一章 「西欧の衝撃」への対応比較――幕末期の征韓思想と「内修外攘」論
  はじめに
  第一節 危機意識の諸相
   一 キリスト教の脅威
    二 交易の脅威
    三 武力侵略の脅威
  第二節 日本の対応
  第三節 朝鮮の対応
  おわりに

第二章 開港期前後朝鮮政府の日本政策
  はじめに
  第一節 事大交隣体制
    一 二つの「交隣」
    二 「事大」と西洋
  第二節 交隣関係の動揺と再確認(一)認められた「格外」
  第三節 交隣関係の動揺と再確認(二)交隣関係への挑戦
    一 八戸順叔の征韓論
    二 「戎器之互相交貿」・「莱府面議」
    三 丙寅洋擾幕府仲裁案
  第四節 癸酉政変と日本政策
  おわりに

第三章 明治初期外務省の朝鮮政策と朝鮮観
  はじめに
  第一節 朝鮮外交の前提(一)環境
    一 諸外交政策の中での朝鮮外交の位置
    二 朝鮮外交をめぐる国際環境
  第二節 朝鮮外交の前提(二)万国公法秩序
    一 「万国公法」の受容
    二 万国公法秩序への移行
  第三節 朝鮮外交の方針と朝鮮観
    一 方針①「侵略型征韓論」
    二 方針②「万国公法下での国交樹立」
    三 宮本小一の「朝鮮論」と朝鮮観
  第四節 朝鮮外交の方法と朝鮮観
    一 強硬策――「抗議型征韓論」
    二 穏健策――「政府等対論」・「宗氏渡韓論」
  おわりに

第四章 明治初期日朝交渉における書契の問題――書契の「書き手」と書契観
  はじめに
  第一節 戊辰書契をめぐって
    一 対馬藩の論理
    二 明治政府の論理
    三 朝鮮政府の論理
  第二節 壬申書契をめぐって
    一 明治政府の論理
    二 朝鮮政府の論理
  おわりに

 補論 明治八年書契(外務大丞書契)の作成過程の一端
   一 五つの外務大丞書契案
   二 各書契案に対する修正
   三 外務大丞書契案の成立
   四 まとめ

第五章 明治初期日朝交渉における儀礼の問題――服制観と日本観
  はじめに
  第一節 倭洋一体観
  第二節 宴饗儀礼問題(一)「衣服変改」――服制観
  第三節 宴饗儀礼問題(二)「正門出入」――再び「覊縻交隣」について
  おわりに

結 論

参考文献目録
あとがき
索 引
戻る