検索結果一覧

国語教育の遺産と創造 

著者
野地潤家 
シリーズ
 
助成
 
判型
A5 
ページ
170 
定価
3000 
発行日
2013年9月1日 
ISBN
ISBN978-4-86327-222-4 
Cコード
C3081 
ジャンル
国語・漢文教育〈総論〉
 
内容
小学館『教育学全集5言語と思考』(S43)の「国語教育の遺産」と国土新書68(S57)『国語教育の創造』の2書をまとめる。
渓水社で購入する

購入冊数

オンライン書店で購入

この本の目次を見る
 はじめに

一 国語教育の創造

  まえがき
1 国語教育への視野と方法
   一 国語教育への視野 
   二 国語教育探究の根本
   三 話し手としての修練
   四 読み手としての修練
   五 “実践即研究”
   六 実践過程・実践様式の確立
   七 国語科教育・国語教育の自己確立
   八 実践者・研究者としての道程
2 国語教育理論の成立と発展――西尾実先生の実践・研究・創造
   一 西尾理論の成立過程――その出発点
   二 西尾理論の展開過程
   三 西尾理論の発展系流
   四 西尾理論の形成過程
3 授業創造へのひとすじの道――古田拡先生の国語教育遍路
   一 古田拡先生との出あい
   二 「読方教授体系」との出あい
   三 古田拡先生の把握と摂取
   四 古田拡先生の読声の論
   五 古田拡少年の読書体験
   六 古田拡先生の国語科授業把握
   七 古田拡先生の国語科授業参観事例
   八 国語科授業創造への心がけ
   九 国語科授業創造のくふう
  一〇 国語教育遍路
4 国語教育論の生成と深化――石森延男先生と国語教育
   一 石森国語教育論の原郷
   二 石森国語教育論の原型
   三 石森国語教育論の骨組み
   四 戦後における石森国語教育論の展開
   五 石森国語教育論の求めたもの
   六 石森国語教育論における先達
   七 石森国語教育論の特質と役割
5 国語教育学構築への軌跡――倉澤栄吉教授のばあい
   一 国語教育研究への道程
   二 倉澤教授の人と業績
   三 学習期・成長期における個性的な歩み
   四 実践期における試行と創造
   五 国語教育学構築への歩み
  あとがき

二 国語教育の遺産

1 国語教育における思考力
   一 近代国語教育の史的展開
   二 思考力把握の視点
2  明治前期における思考力の特性
   一 学習回想に見られる記憶力の重視
   二 福沢諭吉の話すことの教育
   三 発問法の重視
3 作文教育における創造的営為
   一 佐々政一の作文教育
   二 芦田恵之助の綴方教授
4 大正・昭和期における思考力の探究
   一 大正・昭和期における形象的思惟
   二 戦後国語教育における思考力の重視
5 国語教育の創造のために
   一 国語教育の遺産の実相
   二 国語教育の遺産の再評価
戻る