検索結果一覧

英語心理動詞と非対格動詞の習得はなぜ難しいのか ―動詞の項構造の習得をめぐって―

著者
佐藤恭子 
シリーズ
 
助成
 
判型
A5 
ページ
80 
定価
1500 
発行日
2013年1月25日 
ISBN
ISBN978-4-86327-209-5 
Cコード
C1082 
ジャンル
英語教育
 
内容
日本人英語学習者の心理動詞と非対格動詞習得の実態を、誤用例の紹介や学習の実験データによって究明。動詞の項構造の習得について実証的に解明する。
渓水社で購入する

購入冊数

オンライン書店で購入

この本の目次を見る
はしがき
はじめに

1 動詞の項構造の習得とは
2 心理動詞とは
 2.1 日本語の心理動詞
 2.2 学習者コーパスにみる心理動詞の使用実態
 2.3 実験
 2.4 考察
 練習問題A
3 心理形容詞
 3.1 学習者コーパスにみる心理形容詞の使用実態
 3.2 日本語の心理形容詞
 3.3 実験
 3.4 考察
 練習問題B
4 心理動詞と主語の有生性(animacy)
 4.1 実験
 4.2 考察
 資料
 練習問題C
5 非対格動詞とは
 5.1 自動詞の2分類
 5.2 学習者の誤用の実態
 5.3 受身文の誤用と使用文脈の影響
 5.4 誤用に対する仮説
 5.5 非対格動詞の習得過程
 5.6 習得順序の傾向
 5.7 学習へのヒント
 練習問題D

参考文献
終わりに
戻る