検索結果一覧

地名で考える沖縄語の移り変り ――例えば、「ぜりかく」(勢理客)が「じっちゃく」になるまで――

著者
多和田眞一郎 
シリーズ
 
助成
 
判型
B5 
ページ
126 
定価
本体 2000+税 円 
発行日
2012年7月28日 
ISBN
ISBN978-4-86327-192-0 
Cコード
C3081 
ジャンル
言語学〈日本語〉
 
内容
沖縄の言葉(沖縄語)について、変化する言語の変容を現存する文献資料を分析し考察。身近な馴染みのある地名「経塚」「勢理客」「添石」「保栄茂」等を主な例とする。
渓水社で購入する

購入冊数

オンライン書店で購入 Amazon.co.jpで買う 紀伊國屋WEB STORE で買う
この本の目次を見る
 はじめに

第1章 共通理解を得るための予備知識
    (音声・音韻)(声門閉鎖音)(口蓋化、破擦音化)

第2章 「きやうづか」(経塚)が「ちょうじか」になるまで
    (口蓋化、破擦音化)(二重母音の変化)

第3章 「ぜりかく」(勢理客)が「じっちゃく」になるまで
    (促音化)(口蓋化、破擦音化)

第4章 短母音の変化

第5章 「そへいし」(添石)が「しいし」になるまで(二重母音の変化)

第6章 「ぼえも」(保栄茂)が「びん」になるまで(二重母音の変化)(撥音化)

第7章 分析対象資料

 主な参考文献
 索  引
 おわりに
戻る