検索結果一覧

中学生の意見文作成過程におけるメタ認知方略指導に関する研究 ―自己評価を取り入れた指導過程の検討―

著者
井口あずさ 
シリーズ
 
助成
 
判型
A5 
ページ
174 
定価
2500 
発行日
2011年11月13日 
ISBN
ISBN978-4-86327-155-5 
Cコード
C3037 
ジャンル
国語・漢文教育〈作文・表現教育〉
 
内容
国語科教育の分野において心理学研究の方法と知見を援用し、自己学習力を高める論理的な文章作成の指導方法を考案。その指導の効果を認知面と情意面、自己学習力の点から明らかにする。
渓水社で購入する

購入冊数

オンライン書店で購入

この本の目次を見る
まえがき
図表目次

第1章 研究の目的と方法

  第1節 研究の目的
  第2節 研究の方法
   第1項 研究の構成
   第2項 基本概念の定義

第2章 文章作成過程の指導に関する課題

  第1節 文章作成過程における評価指導の課題
   第1項 評価の視点と求められる評価の内容
    1.総合的・継続的な評価の要請
    2.文章作成と自己評価
   第2項 文章作成過程における自己評価の意義と問題点
    1.自己教育力・自己学習力の育成と自己評価
    2.文章作成過程における自己評価の問題
   第3項 自己評価を取り入れた文章作成の指導過程の検討
    1.形成的評価としての自己評価
    2.自求的評価
    3.モニタリングとしての自己評価
   第4項 第1節のまとめ
  第2節 文章作成過程の実態把握に関する課題
   第1項 理論研究
   第2項 調査研究
    1.作品の分析
    2.書く過程の分析
    3.調査研究の成果と課題
   第3項 自己評価項目・他者評価項目
   第4項 第2節のまとめ
  第3節 問題の所在と本研究の位置

第3章 自己評価を取り入れたメタ認知方略指導の考案

  第1節 自己評価活動の実態
   第1項 文章の質と自己評価活動【研究1】
    1.問題と目的
    2.方 法
    3.結 果
    4.考 察
   第2項 自己評価活動の検討【研究2】
    1.問題と目的
    2.方 法 
    3.結果と考察 
   第3項 第1節のまとめ
  第2節 指導の考案とメタ認知方略の使用を測定するための尺度の作成
   第1項 メタ認知方略尺度の作成【研究3】
    1.予備調査
    2.本調査
   第2項 メタ認知方略尺度の教育的妥当性の検討【研究4】
    1.目的と方法
    2.結果と考察
   第3項 第2節のまとめ

第4章 自己評価を取り入れたメタ認知方略指導の効果の検討

  第1節 自己評価を取り入れたメタ認知方略指導【研究5a】
   第1項 目的と方法
   第2項 結果と考察
    1.単元の指導過程
    2.毎時の指導過程(第二次)
  第2節 自己評価を取り入れたメタ認知方略指導の効果【研究5b】
   第1項 目的と方法
    1.目 的
    2.方 法
   第2項 結果
    1.認知面と情意面に関する効果
    2.自己学習力に関する効果
   第3項 考察
    1.指導仮説
    2.認知面と情意面に関する効果
    3.自己学習力に関する効果
    4.メタ認知方略指導後の方略の転移が少ない学習者
    5.第3項のまとめ
  第3節 第4章のまとめ
   第1項 単元の指導過程
   第2項 毎時の指導過程

第5章 総合考察

  第1節 研究の総括
   第1項 本研究の成果
   第2項 教育的示唆
   第3項 本研究の意義
  第2節 今後の課題
   第1項 メタ認知方略の指導に関する課題
    1.指導方法の工夫とその効果の検討
    2.メタ認知方略の指導に関する実践的枠組みの検討
   第2項 指導者の育成に関する課題

 引用文献
 資料
 あとがき
 語句索引
 人名索引
戻る