検索結果一覧

梶山季之の文学空間 ――ソウル、広島、ハワイ、そして人びと――

著者
天瀬裕康 
シリーズ
 
助成
 
判型
四六 
ページ
296 
定価
2700 
発行日
2009年4月1日 
ISBN
ISBN978-4-86327-059-6 
Cコード
C0095 
ジャンル
一般書/文芸評論
 
内容
梶山の生い立ちから親交・師弟関係、ライフワークとした三大テーマと作品にまつわる論考を資料をもとに論述。幅広く活躍し多くの人びとに影響を与えた彼の本質に迫る。
渓水社で購入する

購入冊数

オンライン書店で購入   Amazon.co.jpで買う 紀伊國屋WEB STORE で買う
この本の目次を見る
まえがき

第一章 作家以前――梶山季之をめぐる人びと

 第1節 ソウルから広島へ
     半島育ち/京中と地御前/広島と二中・芸陽

 第2節 高師時代と異色の恩師たち
     高師と広大/体育教師!?/羽白の『点心帖』/真下と卒論の嘉村礒多

 第3節 文壇と同人雑誌――中央と広島
     「戦後の文学」論/広島の商業雑誌/学生たちの動き

 第4節 縁の下の力持ちと先人のこと
     広島ペンクラブと広島文学協会/原民喜の短く強烈な影響/金井利博と揺れる梶山の心

 第5節 背水の陣を布いて
     有難い文学仲間/ノンフィクションと梶季彦/大宅壮一と恩人、友人/付「五期分類」

第二章 朝鮮半島についての作品――良心の問題
  
 第1節 三つの「族譜」を中心に
     朝鮮小説群の始まり/広島での「族譜」/上京後の「族譜」/視聴覚化と韓雲史

 第2節 「霓のなか」と「李朝残影」
     確信犯と美女/小説「李朝残影」/映画「李朝残影」と周辺

 第3節 朝鮮半島と日本で 
     朝鮮小説群の掘り下げ/戦前の話/終戦当時/出稼ぎ型と在日・在韓

 第4節 エッセイ・研究・パフォーマンス
     歴史の断片/梶山等の記述/日韓基本条約への切り込み/談話、グラビア等

 第5節 創氏改名と「族譜」の諸批判
     「創氏改名」批判と韓雲史/宮田・他の『創氏改名』/小説「族譜」への批判

 第6節 事実と真実、良心の問題
     民族の血、贖罪の範囲と理解の限界/演劇「族譜」とその周辺/梶山「朝鮮小説」の総括

第三章 被爆後の広島と原爆文学

 第1節 日本ペンクラブと『広島文学』批判
     日本ペンマン被爆地へ/その後の一行と残像/山本健吉の意見

 第2節 同人雑誌と周辺
     梶山たちの反応/第一次原爆文学論争/幻の「原爆の文学」公募

 第3節 梶山の初期原爆小説
     習作と秀作/小説「実験都市」の粗筋/ある「実験都市」批判/「実験都市」の続編と関連事項

 第4節 後期の原爆小説
     広島と岩国/ショッキングな状況/「ケロイド心中」の粗筋/原爆と心中・不倫

 第5節 創作以外の作品と仕事
     ドラマと背後/無署名の記事で/伝記と匿名の寄付/エッセイその他

 第6節 社会小説・政治小説
     「振興外貨」と「地面師」/『小説GHQ』/その後の出来事

第四章 ハワイと移民――社会小説、経済小説

 第1節 名声確立と流行作家  
     スターダムに向けて/『黒の試走車』とその後/『赤いダイヤ』のこと

 第2節 ハワイ移民と作業唄
     ハワイ大学の図書館へ/小説「ホレホレ節」/〈ホレホレ節〉考/日本人移民の資料

 第3節 太平洋という舞台  
     ハワイと太平洋民族/広範囲の交流/島々の話/太平洋大学

 第4節 アメリカ合衆国 
     スパイがいっぱい/アメリカ東南部/北米をまたにかけて/「めりけん無宿」

 第5節 中南米を行く 
     メキシコ移民/『稲妻よ、奔れ』/勝ち組の背後/ブラジル一〇〇年とペルー

 第6節 移民・出張・流行作家
     第四期とヨーロッパと日本/「お待ちなせえ」の粗筋/大宅壮一の死/その他の仕事

第五章 月刊『噂』と夢の《積乱雲》
 
 第1節 月刊『噂』と周辺 
     発端と開始/終刊までの概略/『噂』の時代背景/『噂』とユダヤ問題

 第2節 ユダヤ関連事項
     梶山のユダヤ人論/放浪と望郷の民/シオン議定書とフリーメーソン/ユダヤ人観の推移

 第3節 第五期と梶山ユダヤ小説 
     ユダヤ作品瞥見/「日本人ここにあり」/ユダヤ小説群/せどり男爵にも

 第4節 『噂』の中の本音
     自選作品集など/ライフワークの夢/国民文学になるか/一つのサンプル

 第5節 夢の《積乱雲》 
    金井利博の死後に/創作ノートなど/梶山の文質・文体/梶山の思想と行動

 あとがき

付「資料編」 
【資料1】アンケート回答(『天邪鬼』通巻第二号所収)
【資料2】田辺良平宛 梶山季之書簡
【資料3】金井利博宛 梶山季之書簡及び葉書
【資料4】統計的事項
戻る