検索結果一覧

ヒロシマ 消えた鳥屋町 ――81才の追憶――

著者
寺西正子 
シリーズ
 
助成
 
判型
A5 
ページ
318 
定価
1800 
発行日
2009年2月11日 
ISBN
ISBN978-4-86327-047-3 
Cコード
C0095 
ジャンル
一般書/歴史読み物
 
内容
本通りから道一本入った元安橋のほとりに戦前存在した「鳥屋町」。爆心直下で消えた町並みと人々の暮しの回想録。
渓水社で購入する
【品切】
この本の目次を見る
 はじめに

原爆ドームとわたし
 1遊び場だった物産陳列館
 2美しい らせんかいだん
 3戦争の絵
 4ガイコツになってしまって

  原爆ドームの写真

鳥屋町の位置と町並み

鳥屋町の子供の四季
 1お正月
 2節分の豆まき
 3四月三日の雛祭り
 4夏休みの早起会
 5亥の子祭り
 6浜ゑびす

兵隊さんとわたし そして戦争
 1十一連隊
 2一年生の教科書
 3羽田別荘の兵隊コント
 4満州パン
 5義兄の出征
 6兵隊さんの町になった鳥屋町
 7三日間、逗留した兵隊さん
 8母
 9戦死者の慰霊式
 10一九三九年(昭和14年)の頃
 11義兄が帰って来た
 12灰色の小学校六年生
 13女学校の勤労奉仕
 14挫折から充実した生活へ
 15戦争末期の師範学校

原子爆弾を落とされて
 1三原から向洋へ
 2やはり広島は焼けていた
 3ひとりぽっち
 4星のシャンデリア
 5原子砂漠を横切って
 6井口町から五日市町へ

鳥屋町をたずねて
 1鳥屋町にたどりつくまで
 2消えた鳥屋町
 3鳥屋町の人はどうなったのか

ヒロシマの持つ苦しみの特殊性

 あとがき
戻る