検索結果一覧

「国語力」観の変遷 ―戦後国語教育を通して―

著者
桝井英人 
シリーズ
 
助成
 
判型
A5 
ページ
530 
定価
7000 
発行日
2006年3月1日 
ISBN
ISBN978-4-87440-914-5/ISBN4-87440-914-8 
Cコード
C3081 
ジャンル
国語・漢文教育〈国語教育史〉
 
内容
戦後日本における、小・中・高等学校「学習指導要領」国語科編の改訂を軸とした国語教育関係論者の言説を社会動向を含めて分析。各時代における「国語力」観の実像に迫る。
渓水社で購入する

購入冊数

オンライン書店で購入 Amazon.co.jpで買う 紀伊國屋WEB STORE で買う
この本の目次を見る
序  文 (広島大学大学院教育学研究科助教授 山元隆春)
はじめに
凡  例

     序  論

1主題/2対象/3方法/4概念図式/5先行研究/6意義/7構成


     第一部 敗戦と試案の時代

第一章 国語科単元学習の受容(昭和22~26年版)
 第一節 昭和22年版の目標観
  1「学習指導要領」概観/2昭和22年版の目標分析/3昭和22年版、その他の特徴/4昭和22年版をめぐる議論
 第二節 昭和前期、敗戦までの国語教育
  1結果責任にたいする態度/2日本語教育と国民科国語
 第三節 戦後教育改革
  1改革の経緯と『新教育指針』/2新教育と単元学習
 第四節 米国の単元学習
  1単元学習とは/2四つの系譜
 第五節 新教科書と学習指導要領作成
  1原理の混交/2作成過程/3昭和22年版に内在する問題/4単元の再構成/5昭和26年版へ
 第六節 単元学習実践の諸相
  1先進的な試み/2単元学習の浸透をはばんだもの
 第七節 単元学習思想の線状
  1「思想」としての大村はま/2倉澤栄吉の「方法」

第二章 言語生活という考え方(昭和26年版)
 第一節 「言語生活」の登場
  1昭和26年版の目標観/2昭和26年版をめぐる議論/3学習指導要領のことば/4「言語生活」と「経験主義」の接続
 第二節 「言語生活」の基底
  1「生活」概念の変遷/2言語生活の拡張性/3桑原の「言語生活」理解/4言語生活主義の批判性/5言語生活の底
 第三節 西尾と時枝――伝達の可能性
  1「ことばの実態」論争/2時枝と「国語」/3ことばは通じない
 第四節 時枝の「言語生活」
  1反転の根底/2言語生活に関する科学的調査研究/3時枝にとっての言語生活/4言語感覚と国語規範論

第三章 文学教育の意味(昭和31年版高校)
 第一節 文学という戦略
  1言語か文学か/2文学の力/3現場からの点火
 第二節 文学教育を支えるもの
  1連帯という名の国語力/2「国民文学論」と国語教育/昭和31年版高校の目標観


     第二部 経済総力戦と「国語力」

第一章 能力主義の実像(昭和33年版)
 第一節 昭和33・35年版の概観
  1昭和33・35年版の目標/2昭和33・35年版の目標分析―理解と表現/3昭和33・35年版をめぐる議論
 第二節 経験主義からの離脱
  1経験主義の否定/2「能力」への点火
 第三節 能力主義の確立
  1昭和33年版成立の経緯/2能力観の形成/3読解力という名の能力―沖山光/4経験主義の終わり――昭和35年版高校/5能力への賛同と抵抗
 第四節 能力主義概念の転換
  1経済成長と能力/2国語力の「技術革新」/3スキル学習とテスト学力/4受験学力としての国語力

第二章 能力から人間へ――主体・思考・表現(昭和43年版)
 第一節 能力主義の完成と反省
  1昭和43・44・45年版における「能力」/2目標の中心化/3国民性の育成/4学習指導要領の言語的疎外/5国語の愛護と国民性/6言語生活の消滅/7主体性と創造/8能力主義の否定
 第二節 表現と評価
  1思考の評価と表現/2高校生の実像/3高校紛争とことば
 第三節 人間主義への志向
  1経済界の人間化提言/2国語教育における人間主義

第三章 表現による思考/言語感覚(昭和52年版)―覚醒と浸潤―
 第一節 表現による思考
  1昭和52・53年版目標の分析/2改訂の震源/3「国語表現」の意義/4学習指導要領の立っている場所/5自己構成力と自己把握力/6表現と主体性
 第二節 言語感覚
  1言語感覚の概観/2覚醒か浸潤か


     第三部 社会と「国語力」の危機

第一章 生活概念のゆらぎと言語(平成元年版)
 第一節 主体性の変質
  1参加と非参加/2改訂の経緯――臨教審/3平成元年版の目標観/4対応という名の主体性
 第二節 論理と心
  1二種類の生活概念/2豊かな心/3言語技術教育の提唱/4高校新設科目「現代語」

第二章 伝え合うことの危機(平成10年版)
 第一節 「心」という力
  1平成10年版の目標観/2夢の断念と生きる力/3「心」の参戦/4臨床心理学と国語
 第二節 主題化する「他者」
  1他者の受容/2他者と非参加
 第三節 声の力
  1音声への期待/2発信から受信へ/3声と場/4声と人格


     結  論
1「国語力」観の変遷の概観/2変遷のダイナミズム/3「国語力」の課題のために


付録
 参考資料一覧
 国語科学習指導要領関連年表
 学習指導要領目標一覧(高等学校国語科)
 主要人物略歴一覧

おわりに
索  引
戻る