検索結果一覧

イェイツ アングロ・アイリッシュのディレンマ

著者
藤本黎時 
シリーズ
 
助成
 
判型
A5 
ページ
316 
定価
6000 
発行日
1997年2月25日 
ISBN
ISBN978-4-87440-446-1/ISBN4-87440-446-4 
Cコード
C3098 
ジャンル
文学・語学/欧米〈文学〉
 
内容
イェイツの民族意識の多面性と矛盾面を検証。作品の詳細な分析を通してその人間像に肉迫、民族的・宗教的・言語的に二極化した社会の言語文化の特質を明らかにする。
オンライン書店で購入する
渓水社で購入する
【品切】
この本の目次を見る
はじめに
第1章 アングロ・アイリッシュの詩人の出発
第2章 アイルランドの文芸復興運動と神秘思想――薔薇の象徴をめぐって――
第3章 大衆と農民――アングロ・アイリッシュの社会的ディレンマ――
第4章 夢と責任――アングロ・アイリッシュの社会的応答――
第5章 「恐ろしい美」の誕生――ロマンティック・アイルランドの復活――
第6章 詩における神話化――復活祭蜂起の英雄像の完成――
第7章 史実と神話の間――劇『クフーリンの死』をめぐって――
第8章 歴史と啓示の幻想――「1919年」――
第9章 荒れ果てた心――「内乱時の暝想」――
第10章 ルネッサンス的人間像――グレゴリー・エレジ――
第11章 黄昏の栄光――クール・パーク哀歌――
第12章 愛と青春への悔恨――「若くまた老いた男」――
第13章 愛の逆説――「超自然の歌」

主要参考文献
索引
戻る