検索結果一覧

高校文章表現指導の探究 

著者
加藤宏文 
シリーズ
 
助成
 
判型
A5 
ページ
354 
定価
本体 4000+税 円 
発行日
1983年8月10日 
ISBN
ISBN978-4-87440-043-2/ISBN4-87440-043-4 
Cコード
C3081 
ジャンル
国語・漢文教育〈作文・表現教育〉
 
内容
実践記録と考察。書き出し文の分析と考察、詩教材における価値学習とその表現、随筆教材における「理解」と「表現」、評論教材における「範例」理解と表現、ほか。
渓水社で購入する

購入冊数

オンライン書店で購入
この本の目次を見る
はじめに

1 書き出し文指導の実際─理解と表現の関連指導から─

 一 書き出し文の分析と考察─「わたしにとっての『タンス』」─
 二 詩教材における価値学習とその表現
 三 『羅生門』学習における相互批評とその表現─第一次感想文の書き出し─
 四 随想教材における「理解」と「表現」─200字作文の構想─
 五 『赤い岩』学習における構造理解とその表現─400字作文の書き出し─

2 文章表現指導の実際─さまざまな試み─

 六 『人間の土地』学習におけるカード法とその表現─一語作文からの積み重ね─
 七 評論教材における「範例」理解と表現─書き出す意欲のために─
 八 課題学習の持続と表現力─「ひといき作文」指導の試み─
 九 近代俳句の理解と表現─200字批評の試み─
一〇 短歌教材における解釈とその「表現」─「理解」の順序と書き出し─

3 文章表現指導の持続

一一 「現代国語」学習において指導をどうつづけたか─「近代小説論」の展開─
一二 「古典」学習において「表現」をどう指導したか─源氏物語の端役たちに学ぶ─
一三 「小論文」の学習指導をどうすすめたか─Dさんの場合─

初出誌一覧
おわりに
戻る